「町田観光5選」(おすすめ商品鹿児島のお菓子)

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。

「歌子のコラム」を見ていただきまして有難うございます。🐟🥕🍓

今日は町田の観光を取り上げました。
恩田川の桜も満開になり、お花見のお客様も多くいらっしゃていましたーー(#^^#)🦋🌳🍊

 

恩田川

 

恩田川2

 

恩田川3

 

恩田川4

 

🦋🍊🦋🍊🦋🍊🦋🍊🦋🍊🦋🍊🦋🍊

 

区切り線

薬師池公園

 

「日本の歴史公園100選」にも選定された、町田市を代表する公園

 

町田リス園の向かいにある薬師池公園は、「新東京百景」、「東京都指定名勝」、さらに「日本の歴史公園100選」にも選定されている公園です。園内中心部には池があり、梅、椿、桜、花しょうぶ、大賀ハス、新緑・紅葉等、四季折々の彩が訪れる人々を楽しませてくれます。🐳🍒🙂

素晴らしい自然もさることながら、園内にある江戸時代の古民家も見どころの一つ。国指定重要文化財である「旧永井家住宅」は、もとは町田市小野路町にあった農家で、17世紀後半に建築、昭和50年に薬師池公園内に移築復元されたものです。典型的な多摩丘陵地の農村家屋で、多摩地方では最も古い民家に属しています。🌹🌶🥒

また、東京都指定有形文化財「旧荻野家住宅」は、江戸時代末期に医院兼住居として建てられたもので、町田市三輪町にあったものを移築復元しています。農村部の民家ですが、間取りや建具等に町家に近い特徴が認められ、また繊細な意匠の施された室内は家格の高さを感じさせる、数少ない医家の例として貴重なものです。🐦🌻🌿

美しい四季の草花を楽しみながら、当時の暮らしに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。🍆🍒🙂

 

区切り線

 

福王寺薬師堂(野津田薬師堂)

 

樹齢約500年とも言われるイチョウの大木が美しい

薬師池公園内の北西にある福王寺薬師堂(ふくおうじやくしどう)は通称、野津田薬師堂(のつだやくしどう)と呼ばれています。野津田薬師堂は、天平年間(729~749年)に行基が開基したといわれています。その後室町時代に荒廃してしまいましたが、元亀4年(1576年)に僧興満が暖沢に再興し、福王寺薬師堂と称しました。🥥🌹🥦

現在の野津田薬師堂の建物は明治16年(1883年)に再建されたものです。本尊の木造薬師如来坐像は、像高70.6センチメートルの欅の一木造りで、平安後期、十一世紀頃の作と考えられています。町田市内の木造佛としては、最古の彿像です。🦋🍊🍅

また、お堂の正面にあるイチョウの大木の樹齢は約500年とも言われ、樹高は30m以上あり、町田市名木百選にも選ばれています。🌳🍑🐞

 

文字はコピーして貼り付けさせていただきました。
ホームページ町田観光5選もコピーし貼り付けました。

町田観光をお楽しみ下さいませ。

 

ホームページ町田観光5選

 

 

区切り線

 

ギャラリー

 

 

 

🍎    鹿児島のお菓子

 

美味しい鹿児島のお菓子お取り寄せくださいませ。🌹🥕🦋

 


JA鹿児島県経済連 ふるさと銘菓詰合せ

 

 

区切り線

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です