「南大隅町に移住しませんか」(おすすめ商品鹿児島のお菓子)

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。

「歌子のコラム」を見ていただきまして有難うございます。🌳🍒🍆

南大隅町に移住して農業をしてみませんか~~
今日は、ピーマンを生産されている成尾亮さんについて文字をコピーして貼り付け南大隅町で農業のリンクも貼り付けさせていただきました。🥕🌹🐟

国内外の人で南大隅町に移住してみたい方は、お問い合わせいただきたいと思います。

 

 

食材

 

さつまいも

 

 

様々な農産物を収穫して消費者に美味しい農産物を届けてください。🦋🌻🥕

 

🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋

 

ハウスで促成ピーマンを生産

 

ピーマンを生産する成尾 亮さん(35歳)は、28歳でUターン。戻ってすぐは実家の農業の手伝いからスタートし、独立してピーマンの作付を始めてからは3年目です。🌻🦋🐦

国立鹿児島工業高等専門学校では機械工学を専攻し、東京で電子関係の会社に就職した成尾さん。モバイル開発の競争激化で会社が規模縮小に転じたのをきっかけに、早期退職でUターンを決めたといいます。🍒🌴🍇

実家は畜産を中心とした農家で、中学生の頃に手伝った経験もありますが、本格的に就農するとなると話は別。まずは、町の農業者入植促進事業を活用して、1年間月額4万円の就農奨励金を受けました。次に、年間150万円を最長5年間受けられる農業次世代人材投資資金の経営開始型を活用し、2年目になります。🌹🐳🧀

これまでは12アール(1200㎡)のビニールハウスでピーマンを栽培。売上が550〜600万円で、4割強を資材費や運転コストに費やしてきました。2018年11月には桜島降灰対策事業の新しいハウスも完成し、全体で27アールにまで面積を拡大。🍊🍀🐞

栽培のノウハウは、ピーマン部会の先輩に話を聞いたり、ネットで調べたりしながら習得。「11月末の今は糸につるを巻き付ける垂直誘引の作業が主です。暖かくなると1日に数㎝伸びるんです。1人で1日4畝(うね)ぐらい作業できるので、3日あれば一巡できます」と成尾さん。🌶🌳🍆

「今後は、年収で500〜600万円ベースを目指しつつ、父親の畜産と合わせて農業の経営安定を図っていきたいです」。ちなみに、現在は牛25頭を飼っていて、「小規模農家としては多過ぎ、中規模農家としては少ない頭数なので、人を雇い入れながら倍の50頭に増やして事業を拡大していきたい」そう。

促成ピーマンの収穫を楽しみに、農業に情熱を注ぐ力強いファーマーです。🌳🦋🥕

 

🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑

 

 

🍎  ホームページ南大隅で農業生活

 

 

 

区切り線

 

🍎  ギャラリー

 

 

 

 

区切り線

 

🍎   鹿児島のお菓子

 

お取り寄せになり食べてみて下さい。🍊🍅🍇

 

 


JA鹿児島県経済連 ふるさと銘菓詰合せ

 

区切り線

 

区切り線

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です