「南大隅町に移住しませんか・・・(#^^#)」(おすすめ品紅はるか)

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然ゆたかな街にお住んでいます大園です。

「歌子のコラム」を見ていただきまして有難うございます。🌶🥕🥦

昨日と同じく南大隅町の移住しませんかーー(#^^#)です。
国内外問わず移住される人は、ご相談くださいませ・・・

テレビなどで若い親子の「田舎暮らし」の放映が有りますが、田舎暮らしを南大隅町で農業をされてはいかがでしょうか~~。☕🧀🍓

 

食材

 

さつまいも

さくら

 

パンダ

 

参考に文字をコピーして貼り付け、リンクも貼り付けさせていただきました。
イラストは無料のイラストをお借りしています。

 

  馬場園 仁孝さん(就農1年超)

 

南大隅町で就農し、
畜産(黒牛)を飼育

2017年4月に南大隅町で肉用牛の飼育を始めた馬場園仁孝さん(25歳)。

「薩摩半島にある実家でも親が黒牛を約20頭飼育しているんですが、周辺の宅地化が進んで規模拡大ができなくて。僕はもっと広い土地で肉用牛の飼育を始めたかったんです」

そこで、県内で使われなくなった牛舎と土地を探し、南大隅町の紹介で見つかったのが現在の施設でした。「母親の実家が南大隅町にあるので、生活の拠点にできると思ったのは確かです」🙂🍒🌳

馬場園さんは、県立市来農芸高校や県立農業大学校で農業や畜産を学び、南九州市にある黒牛の畜産会社に勤めた後、独立しました。

土地や牛の購入代、開業資金として、日本政策金融公庫から青年等就農資金(新たに農業経営を開始する青年を応援する無利子の資金)を借り入れ、事業をスタート。子牛や妊娠牛の購入は、役場の指導員と同業の先輩に、肝属市場で好まれる血統の牛を相談しながら、1年かけて30頭を導入しました。🍁🍇🌴

「鹿屋市にある大きな畜産会社で弟が働いています。学校の先輩たちも大隅半島の各地にいますが、やはり南大隅町で畜産をやっている先輩や役場の人、JAの人たちに指導してもらうことが多いです。購買者がどういう血統の子牛を求めているか、病気の予防はどうするかなどを聞けて、とても助かっています」

持ち前の人懐こさを生かし、情報収集している馬場園さん。事業を始めるときに最長5年間、年間150万円交付される農業次世代人材投資資金を利用しました。🥒🦋🍓

着々と経営力を身に付けており、早期出荷で90万円を超える子牛の販売も経験しましたが、「今は30頭で、エサ代などのコストを考えると、安定して利益を出すには中途半端な状態。早く倍の60頭を飼育できるようになりたい。牛舎拡大の追加融資も受けたいです」と、若さを武器に、前向きに取り組んでいます。🌶🥕🥦

就農アドバイス
岩下恭一さん
南大隅町役場経済課
(畜産係長)
湊原 裕二さん

馬場園さんの就農は電話相談からスタート。南大隅町にある母親の実家を生活の拠点に、通いで畜産を始めたいというものでした。そこで、町内の遊休施設を紹介して初期投資を抑え、国からの融資を子牛や妊娠牛の導入に当てられるよう指導しました。飼育目標頭数に達し、今後は、分娩等の簡易牛舎が必要です。2019年からは償還が始まるので、早期出荷の指導を行います。前職で技術を得ての就農なので、増頭の助成事業にも助けられながら、事故等もなく順調に営農できています。🍆🌵🌻

和牛

 

すき焼き

 

 

🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑🦋🍑

 

 

🍎    南大隅町で農業生活リンク

 

このページ見て下さいね

 

区切り線

 

 

🍎  ギャラリー

 

 

 

区切り線b

 

🍎  鹿児島のサツマイモ紅はるか

 

 

美味しいさつまいも紅はるかです。🐳🌹🙂
お取り寄せになり食べてみて下さい。

 


【2018年産 新物 熟成40日以上】 思わず笑顔になる甘さの紅はるか(さつまいも)M~Lサイズ混3kg 鹿児島県産

 

区切り線

 

区切り線

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です