「曼荼羅寺の御朱印|四国霊場 第72番&WiLL増刊号・岩田温先生の本・動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です🍍🍑
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。

いいお天気で恩田川遊歩道を散歩や走っている人いました、(#^^#)
川を挟んで両脇の自然に囲まれて東京としては綺麗な空気を吸いながら気持ち良さそうでした。🍍🍑

成瀬駅前の鍼灸整骨院さんへ行き、帰りは近くのスーパーでお買い物して帰りました。
コーヒー一杯飲んで、本を読んだり、パソコンをやったり、YouTubeを視聴したりアッと言う間にお昼です。🍍🍑

 

今日の写真です

 

アマゾンに注文して27日に届きました  ⇓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曼荼羅寺の御朱印|四国霊場 第72番|日本最古のお寺!?本堂が宇宙だった。七ヶ所まいり・笠松大師など|四国八十八ヶ所 車遍路の旅(香川県善通寺市)のリンクを貼らせていただきました。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

曼荼羅寺の御朱印|四国霊場 第72番|日本最古のお寺!?本堂が宇宙だった。七ヶ所まいり・笠松大師など|四国八十八ヶ所 車遍路の旅(香川県善通寺市)🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://goshuin.138shinsekai.com/2022/03/10/mandaraji-kagawa/

 

 

 

●曼荼羅寺とは?

596年、弘法大師のご先祖である讃岐国の領主・佐伯氏の氏寺として創建したのが始まりといいます。🙏🙏

創建当初は世坂寺という寺号だったそうです。

807年、唐から帰国した弘法大師が、亡き母・玉依御前の冥福を祈るためにこのお寺を訪れたそうです。

その後、唐の青龍寺にならって3年がかりで伽藍を建立。
大日如来を本尊とし、唐から持ち帰った金剛界と胎蔵界の曼荼羅を安置したそうです。🙏🙏

そして、母・玉依御前の菩提寺とし、曼荼羅寺と改称したそうです。

その後、お寺は荒廃してしまいますが、1062年頃に旅の僧が修復。

平安時代末期、弘法大師の誕生地を訪れた西行法師が、近くの水茎の岡に庵を結び、度々このお寺を訪れていたそうです。

ちなみに、境内には西行法師が昼寝をしたといわれる昼寝石が残っています。🙏🙏

また1289年には一遍上人が参拝に訪れたといわれています。

鎌倉時代には、後堀河天皇から寺領を賜るなどして栄えますが、1560年に阿波の三好実休による兵火で焼失。

その後、1592〜1596年に丸亀藩主・生駒氏の家老が修復しますが、1596〜1615年に再び兵火で焼失。🙏🙏

その後、再建され現在に至るそうです。

 

 

 

 

第72番札所 Mandaraji 曼荼羅寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。