「65番札所三角寺舗装路急坂を登り切った先に降伏の秘法&空海と会える日動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍒🍋

今日は夫の介護認定のために薬師台おはなぽっぽクリニックさんへ行ってきました。
大部体力も衰えていますので介護度が少し上がるかもしれません。(#^^#)

63歳で倒れて欲頑張った夫だと思っています。(笑う)🍒🍋

写真を撮る元気もなく、三男の為に町田駅前でリュックを買って帰りましたが気に行ってくれているようです。
怪我した傷も大分良くなり、又自転車に乗るようなので手提げより安全かと思っています。🍒🍋

 

2021年5月18日の写真です。

 

 

 

 

 

下のYouTubeを視聴されて癒してくださいませ。(合掌)

 

 

 

 

 

1年に一度だけ空海に会える4月20日(はつか大師)と言う。清浄心院の祈願の祭り。音は自然音とAcoon Hibino528幸せの周波数、🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

【65番札所三角寺】舗装路急坂を登り切った先にはお大師さま「降伏の秘法」の伊予國最後の札所のリンクを貼らせていただきました。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

【65番札所三角寺】舗装路急坂を登り切った先にはお大師さま「降伏の秘法」の伊予國最後の札所🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://pilgrim-shikoku.net/sankakuji-65

 

 

急坂道を登りきった先の駐車場には、何組かの車遍路さんがいらっしゃって、「あの角度の道をよく歩いて登ってくるね」と驚かれました。🙏🙏
車遍路さんに歩きの苦労を労われることはよくあることですが、車に乗っている人も急角度に感じる三角寺の舗装路坂道は、特にきつい坂道だと思います。
特別な事情がない限り、歩き遍路さんは「戸川公園」からの未舗装遍路道を進むのがよいように感じました。🙏🙏ちなみに三角寺境内には大きな東屋があり、お寺に申し出をしてここで野宿をさせていただくことも可能とのことです。65番札所「三角寺」の縁起によると、奈良時代に聖武天皇の勅願により行基菩薩が弥勒の浄土を模して具現するために開創したと伝えられており、その後平安時代に空海がこの地を訪れた際に、三角の護摩壇を築いて21日間、国家の安泰と万民の福祉を祈念して「降伏護摩の秘法」を修法され、この護摩壇の形が寺名の由来になったとされています。🙏🙏
この護摩壇の跡が庫裡と薬師堂の間にある「三角の池」の中の島として現存しているそうなのですが、私は見逃してしまいました。

 

安産子安子宝の観音様

御本尊の十一面観世音菩薩は、「安産子安子宝の観音様」としても親しまれており、妊婦がお寺から授かった「杓子」を出産の際に床下に置くと安産のご利益があるといわれており、出産後は新しい杓子をもってお礼参りをする習慣があるそうです。🙏🙏
また、子宝に恵まれない場合は「しゃもじ」を授かって、家でそれを使って夫婦仲良く食事をすると子宝に恵まれるともいわれています。🙏🙏

 

 

 

第65番札所 Sankakuji 三角寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。