「61番札所香園寺お寺のイメージをくつがえされる子安の大師さん岩田先生の動画」

こんばんは🙇‍♀️・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。

三男は8時前後にクリニックへ行き、絵文字がコピーできなくなり何度も試しましたが駄目でした。😅
散歩も出来そうにないのでテレビを観たりパソコンをやったりしているうちに三男が帰ってきましたので、お昼前に蕎麦をゆでて、温かいつゆをかけて刻み納豆とねぎを入れた簡単な昼食でした。😂

午後2時前に高野山清浄心院さんより青葉まつりの御案内をいただいていましたのでお申込みいたしました。(#^^#)
新型コロナ発生から3年目、そしてロシアがウクライナに侵攻したり、最近は北朝鮮がコロナの感染拡大を発表しました。
世界では様々なことが起こっていて世に仲が変わりつつあるのかなと思います。😱

家族を守りたいので(勿論次男家族もです。)申込みました。🙏🙏🙏

 

2020年5月11日の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「嘘」について💐🌼🌷☘️🌹

 

 

 

 

岩田温先生お若いですが、政治の事を勉強させていただきました。
次世代の方ご視聴くださいませ。
メンバーになるとチャットも出来ます。💐🌼🌷☘️🌹

 

 

 

 

 

【61番札所香園寺】お寺のイメージをくつがえされる「子安の大師さん」のリンクを貼らせていただきました。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

【61番札所香園寺】お寺のイメージをくつがえされる「子安の大師さん」🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://pilgrim-shikoku.net/koonji-61

 

 

香園寺の縁起によると、飛鳥時代にかの有名な「聖徳太子」が用明天皇の病気平癒を祈願して創建したとされていて、四国霊場の中でも屈指の古刹です。
このときに、聖徳太子の前に金の衣を着た白髪の老翁が飛来して、本尊の大日如来像を安置したという伝説も残っています。🙏🙏

 

安産・子育て信仰の「子安の大師さん」

 

平安時代に空海が香園寺に訪れた際に、門前で身重の婦人が苦しんでいたので、栴檀の香を焚いて加持・祈祷をしたところ、婦人は元気な男子を無事に出産したそうです。🙏🙏
これがきっかけとなり、空海は唐から持ち帰った小さな金の大日如来像を本尊の胸に納め、再び栴檀の香を焚いて安産・子育て・身代わり・女人成仏を祈る「四誓願」の護摩修法をされて寺に遺したそうで、山号の「栴檀山」はこれに由来しているとのこと。🙏🙏

その後、お寺は隆盛していきますが、戦国時代の「天正の兵火」で被害を受け、一時は衰退してしまいますが、明治時代後期から大正時代にかけて山岡瑞園大和尚が再興し、その際に始めた「子安講」(安産祈願のために、婦人が集まって子安神を祭る信心講)が広まり、長く「子安の大師さん」として親しまれています。🙏🙏

巨大な講堂の中に、巨大で金ピカな「大日如来坐像」が安置されていました。あまりに光っていて、写真がブレブレです。正面からも写真を撮ったのですが、あとから見たらさらにブレていました。

お大師さまは大日如来像のさらに奥にいらっしゃるとのことなので、唖然としながら、おそるおそる講堂の中に進み、お勤めをしました。🙏🙏

 

 

 

 

 

第61番札所 Kouonji 香園寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。