「石手寺の御朱印|四国霊場 第51番札所&岩田温先生・八木健さんの動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍄🍍

今日はこどもの日で行楽地は大分賑わっているようで、コロナの感染者が増えなければ良いなと思っています。
鹿児島指宿唐船峡も満席で並んでいる人もいたとか・・・?🍄🍍

 

お昼ご飯を長男がおごってくれて成瀬駅前の飲食店に夫と私を連れて行ってくれサバの文化干し定食を食べました。(#^^#)三男は他で食べることになりました。🍄🍍

 

お買い物して帰りながら写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の方に政治学者の岩田温先生のYouTubeを埋め込みましたのでご視聴くださいませ。
様々なことを知ることや様々勉強になりました。🎈✨🎈✨🎈✨

 

 

 

石手寺の御朱印|四国霊場 第51番|愛媛随一の名刹は愛媛随一のカオス寺!|四国八十八ヶ所 車遍路の旅(愛媛県松山市)のリンクを貼らせていただきました。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

石手寺の御朱印|四国霊場 第51番|愛媛随一の名刹は愛媛随一のカオス寺!|四国八十八ヶ所 車遍路の旅(愛媛県松山市)🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://goshuin.138shinsekai.com/2022/01/26/ishiteji-ehime/

 

 

 

石手寺とは?

728年、伊予国の豪族・越智玉澄の霊夢に二十五菩薩が出現。🙏🙏

そのことにより、この地が霊地であると感得した玉澄は熊野十二社権現を祀ったという。

その翌年、聖武天皇の勅願所となり、行基が薬師如来像を刻んで本尊として安置。
そして、寺号を安養寺と名付けたそうです。🙏🙏
それがこのお寺の始まりだという。

創建当時は法相宗の寺院だったそうです。

ちなみに、山号は熊野山。
これは、越智玉澄が熊野十二社権現を祀ったことが由来とのことです。🙏🙏

境内から出土した瓦によると石手寺の前身である安養寺は、680年頃に奈良・法隆寺系列の荘園を基盤として建てられたお寺といわれています。

813年、弘法大師がこの地を訪れた際、真言宗に改宗し、四国八十八ヶ所の第51番札所に定めたそうです。

その後、892年に伊予国の領主・河野息利に長男が誕生。
しかし、その子は左手を固く握って開こうとしなかったという。🙏🙏

そのことを心配に思った河野息利は、住職に祈祷を依頼。

すると、その子は手を開き衛門三郎と書かれた石が出てきたという。

そんなこんなで、寺号を安養寺から石手寺に改称したそうです。

その後、河野氏の庇護を受けて大いに栄えたといいます。🙏🙏

平安時代~室町時代には七堂伽藍を整え、66坊を有する大寺院に発展。

鎌倉時代には、河野氏が相次いで堂塔を再建。

当時の境内は現在の数倍の広さがあり、湯築城東北の切抜門が石手寺の西門であったといわれています。🙏🙏

 

 

 

第51番札所 Ishiteji 石手寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

ロシアより「自公」が悪い! 驚愕の立憲議員の本音! 襲撃された福山氏!話し合いはどこへいった?(22/5/4)🍄🍍🍄🍍🍄🍍

 

 

 

 

 

 

 

【岩田温】外国人参政権にメリットなし。国民国家の枠組みを根底から揺るがしかねません。しかし、地方では・・・【切り抜き/政治】🍄🍍🍄🍍🍄🍍

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。