「 【39番札所延光寺】眼洗いの清水と亀が持ち帰った銅鐘&岩田温先生の動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🎈✨

昨日夫を連れて散歩し疲れてしまったようです。(#^^#)

起きるのにまだ寝ていたい気分でしたが頑張って起きていつもの通りです。
朝方同じ階の人にいやがらせを受けた夢まで見たので気分もすぐれなかったです。
なので予約した鍼灸整骨院さんにキャンセルしてしまいました。🎈✨

三男の代理で27日にクリニックさんまで診断書を書いていただきに行くために緊張もしてきました。(笑う)

明日は散歩に出かけようかと思っています。
同じような年代の人を誘う人もいませんので一人の散歩になると思います。(夫は自分で散歩)🎈✨

 

 

4月22日に写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の方に岩田温先生のYouTubeを埋め込みましたのでご視聴くださいませ。
岩田先生によっなことを知ったり,様々勉強になりました。🎈✨🎈✨🎈✨

 

 

 

 

 

 

 

【39番札所延光寺】眼洗いの清水と亀が持ち帰った銅鐘のリンクを貼らせていただきました。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

【39番札所延光寺】眼洗いの清水と亀が持ち帰った銅鐘🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://pilgrim-shikoku.net/washeyesclearwater-turtletakeawaybell-enkoji39

 

お大師さまがこの地を訪れた際、浄水が無い事を嘆かれ、本尊である薬師如来の啓示を受けた場所を掘ると水が湧き出た。
大師はこの霊水を閼伽井(=あかい、神仏に捧げる水を汲む井戸)に用いた他、眼を洗えば薬師如来の加護により眼病が治る、もしくは病を防ぐと後世に伝えた。🙏🙏

かつては延光寺がある寺山集落の人々の生活水にも用いられた由緒正しい清水。
今日はお堂での読経を終えたお遍路さんがこちらの井戸を訪れ、目を洗う姿が見られます。🙏🙏

赤い亀が持ち帰った銅鐘

 

山門横にあるこちらの鐘楼。延喜11年(911)の紀年印がある、高知県現存最古の梵鐘であり 国の重要文化財指定。国内としても現存7番目の古さ。🙏🙏
明治維新後の廃藩置県で高知県が発足した際、県庁が置かれた高知市に移され、議会の開始/終了を知らせる時報の鐘として用いられていたこともある。

< 延喜年間 参考 >
延喜21年(921)に空海が “弘法大師” の名を醍醐天皇から贈られている。高野山に入定されたのが承和2年(835)なので、実に86年後の事。🙏🙏

ある日、池に居た赤いカメが姿を消し、再び現れた時に甲羅に銅鐘を背負って帰って来た。
その鐘を寺に据え置くと共に山号を “赤亀山” に、寺号を “延光寺” に、それぞれ改められた。🙏🙏

 

 

第39番札所 Enkoji 延光寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

安倍元総理の大戦略!ウクライナと台湾の共通点と相違点。導き出されるバイデン政権に対する刺激的な提案。日本に栄光あれ!(22/4/22)🎈✨🎈✨🎈✨

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。