「36番札所青龍寺は弘法大師ゆかりの波切不動&岩田温氏と古舘伊知郎の動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍊🍋

パソコンで様々検索したりYouTubeを視聴したり、テレビを観たりしながら過ごしました。
今日は、書類も届きましたので目を通し分からないことはメールして速返信していただき助かっています。(#^^#)

午後3時から夫のためのケアマネージャーさんに来ていただきお話や分からないことの質問をしたりで、コロナも有りますので10分くらいはいて下さったかと思います。🍊🍋

夫はもう帰るのーと言っていましたが今はお互いに長時間会話するわけにいきませんので説明をしましたので分かってくれたかと思います。🍊🍋

 

 

2020年4月21日に写した写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の方に岩温先生と古館伊知郎さんのYouTubeを埋め込みさせていただきました。

岩田先生のお話は次世代の為にも日本を守る為のヒントが沢山あります。🍊🍋🍊🍋🍊🍋
古舘伊知郎さんはオミクロン株に感染した時の参考になります。🍊🍋🍊🍋🍊🍋

 

 

 

 

 

 

 

高知県土佐市|36番札所青龍寺は弘法大師ゆかりの波切不動が本尊!横綱の足腰を鍛えた階段が手ごわいのリンクを貼らせていただきました。🍊🍋🍊🍋🍊🍋

 

 

 

 

 

 

高知県土佐市|36番札所青龍寺は弘法大師ゆかりの波切不動が本尊!横綱の足腰を鍛えた階段が手ごわい🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://tokushimagoshuin.com/kouchi-seiryuji-goshuin

 

 

青龍寺について

 

寺伝によれば弘仁年間(810年 – 824年)に空海(弘法大師)によって開基されたとされる。入唐求法の遣唐使として、恵果和尚より真言密教の奥義を伝授された空海が帰国の折、有縁の地に至るように祈願して独鈷杵を東方に向かって投げた。空海はその独鈷杵がこの山中の松の木にあると感得し、嵯峨天皇に奏上。弘仁6年(815年)に恵果和尚を偲び、唐の青龍寺と同じ名の寺院を建立したという。本尊の波切不動は、空海が乗った遣唐使船が入唐時に暴風雨に遭った際に、不動明王が現れて剣で波を切って救ったといわれ、空海がその姿を刻んだものであると伝える。 江戸時代初期には荒廃していたが、土佐藩2代藩主山内忠義によって正保年間(1644年 – 1648年)に再興された。しかし、宝永4年(1707年)には地震と津波で大きな被害を受け、江戸末期に再建された。🙏🙏

 

青龍寺は弘仁年間の創建で1200年の歴史があるお寺です。

師匠である恵果阿闍梨を偲んで、弘法大師が唐の青龍寺と同じ名前の寺院をこの地に建立しました。本堂、大師堂、薬師堂が一直線に並ぶ伽藍配置は唐の青龍寺と同じだとか。🙏🙏

お大師さんとゆかりが深く、とても由緒あるお寺ですが何度も荒廃と再興を繰り返していて、

  • 土佐藩2代目藩主・山内忠義が正保年間(1644~1648年)に再興
  • 宝永4年(1707年)の「宝永地震」で被災し、江戸末期に再興🙏🙏

という歴史があります。

もともと青龍寺があったのは奥の院の位置で、現在の場所には別のお寺があったとか!荒廃&再興により、場所が変わってしまったんですね。🙏🙏

正式には独鈷山(とっこうさん)伊舎那院(いしゃないん)青龍寺(しょうりゅうじ)といい、真言宗豊山派のお寺です。

 

 

 

 

第36番札所 Shoryuji 青龍寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

 

正気か朝日新聞! ここまでの正論を掲載! ウクライナ問題、国防の重要性を指摘!(22/4/19)🍋🍊🍋🍊🍋🍊

 

 

 

 

 

 

【ご報告】オミクロン株の感染経緯や症状について古舘からお話しさせて頂きます。参考になれば幸いです。🍋🍊🍋🍊🍋🍊

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。