「34番札所種間寺は”安産のお薬師さん&瞑想ー高野山風景を瞑想の対象動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍊🍋

昨日お出かけしなかったので、お散歩を兼ねて成瀬台まで行きました。
夫が出かけるとのことで髭剃りだけで1時間くらいかかったと思います。🍊🍋
送り出した後、杉山神社にお参りしていきましたが、シルバー人材センターの仕事で町田市の広報を配ったことがあって

思い出の有る懐かしい道路でした。(#^^#)
道路脇の花壇は昔と変わらずに綺麗に手入れされ、綺麗に花も咲いていました。🍊🍋

 

 

 

今日写しました。

 

 

 

 

 

 

又大きなフキと竹林は良いものです。🍊🍋

 

 

 

 

 

途中から雨が降り出し、折りたたみ傘持って行って助かりました。
ずーと進み右手に交番があり、そこの信号を左に曲がって公園の近くにお世話になった方がカフェを開店されますので見に行きましたが場所も良くて素敵な作りになっていました。🍊🍋

 

 

 

 

 

 

イラストはお借りしています。

 

 

 

 

 

瞑想ー高野山風景を瞑想の対象として、写真や動画の撮影方法を加える。4k高画質。音ー自然音と創作音。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

高知県高知市|34番札所種間寺は”安産のお薬師さん”で有名!猫好き必見の「猫碑」っぽいものありますのイリンクを貼らせていただきました。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

高知県高知市|34番札所種間寺は”安産のお薬師さん”で有名!猫好き必見の「猫碑」っぽいものあります🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://tokushimagoshuin.com/kouchi-tanemaji-goshuin

 

 

種間寺について

寺伝によれば用明天皇在位(585年 – 587年)の頃、四天王寺を建立するため来日した百済の仏師が帰国の際に暴風に襲われてこの地に近い秋山の港に漂着、航海の安全を祈願して薬師如来刻んで本尾山頂に安置したのが起源であるという。その後、弘仁年間(810年 – 824年)に空海(弘法大師)が巡錫し、堂宇を建立し仏師が刻んだ薬師如来を本尊として安置して開基したといい、その際に唐から持ち帰った五穀の種を境内に蒔いたことから寺号が定められたという。🙏🙏

 

種間寺の創建はおよそ1500年前、四国霊場でも屈指の歴史があるお寺です。「種間寺」という変わった寺号は、弘法大師が唐から持ち帰った種(米、麦、あわ、きび、豆またはひえ)を境内にまいたことが由来になっています。現在もお寺の周囲は畑が広がっていて、昔から穀倉地帯だった模様。🙏🙏

縁起にも登場する、百済の仏師が刻んだ薬師如来が最初にお祀りされていた「本尾山」には奥の院として薬師如来の石仏が祀られています。種間寺から4km、車で10分くらい。🙏🙏

起源としては1400年以上前にさかのぼる四国霊場でもトップクラスの長い歴史を持つお寺なんですが、土佐の厳しい廃仏毀釈運動の影響で廃寺となり、1880年にようやく再興されました。

正式には本尾山(もとおざん)朱雀院(すざくいん)種間寺(たねまじ)といい、真言宗豊山派のお寺です。🙏🙏

種間寺の御本尊

 

種間寺の御本尊は薬師如来。尊像は平安時代後期の作で、国の重要文化財に指定されています。毎年3月8日に御開帳されているそうで、四国霊場では比較的拝顔の機会が多い御本尊さまです。

脇侍として日光・月光菩薩と不動明王像が安置されていて、こちらはいつでも拝顔可能だそうですが、本堂入り口からお厨子までかなり遠くて、残念ながら見えなかったです。🙏🙏

 

 

 

 

第34番札所 Tanemaji 種間寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。