「23番札所薬王寺は厄除けのお寺!ウミガメが支える瑜祇塔は&動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。💮🌸

今日はゆっくりしてしまいました。

昨夕から疲れ感がありましたことは、いつもは三男がやってくれるお掃除を久ぶりしたことも有り、コーヒーを飲まなかったことも有るように思います。(笑う)💮🌸

なので今日はコーヒ飲み元気になれました。
お酒好きの人もコーヒー好きの人も似たようなものなのかしらと思っています。(#^^#)

孫の入学祝、知人のお悔やみ、お願い事もまだしていませんので15日の年金日には忘れることのないようにします。

夕飯の支度も冷蔵庫の残り物で簡単に作ることで家計も助かります。💮🌸

 

2020年4月7日の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島県海部郡|23番札所薬王寺は厄除けのお寺!ウミガメが支える瑜祇塔は日和佐のシンボル🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

https://tokushimagoshuin.com/tokushima-yakuouji-goshuin

 

 

薬王寺について

 

神亀3年(726年)に聖武天皇の勅願により行基菩薩が創建し、弘仁6年(815年)に弘法大師が平城上皇の勅命によって薬師如来像を彫像して再興しました。🙏🙏

文治4年(1188年)には火災で堂宇が焼失し、後醍醐天皇によって再建されています。嵯峨天皇、淳和天皇からの信仰も厚く、歴代の天皇が薬王寺での厄除け祈願のために勅使を下向させました。

阿波国に自ら御遷幸され、都に帰ることなく崩御した土御門上皇も嘉禄2年(1226年)に薬王寺へ参詣しています。

正式には医王山(いおうざん)無量寿院(むりょうじゅいん)薬王寺(やくおうじ)といい、高野山真言宗のお寺です。🙏🙏

 

薬王寺の御本尊

 

薬王寺の御本尊は薬師如来で、2体あります。🙏🙏

文治4年(1188年)の火災のとき、御本尊は玉厨子山(たまずしやま)へと自ら飛んで行き焼失を免れたという伝説があります。その後、後醍醐天皇が堂宇を再建するときに新しい御本尊を彫像したところ、元の御本尊が帰ってきて後ろ向きに厨子に入って自ら扉を閉めたといわれています。

ものすごいアクティブな御本尊ですが、現在は「後向き薬師」と呼ばれて秘仏となっています🙏🙏

 

 

 

第23番札所 Yakuoji 薬王寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。