「徳島県阿南市|22番札所平等寺は開かれたお寺、&動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。💮🌸

朝食後夫はサークルに出かけ、私は障害年金についての書類に記入して郵便局まで行き送りました。
帰りはスーパーで買い物して写真写しながら帰りました。💮🌸

 

その写真です。

 

 

 

 

帰ってから診断書を書いて下さるクリニックさんが見つかり予約が出来ました。(#^^#)
後は様々な書類がそろうだけになります。💮🌸

 

いつもは三男がやってくれますが、行き届かない場所の掃除を午後からやりましたが、晩御飯の時首が痛くなり疲れてしまったようです。(笑う)
気持ちは若くても体は年齢に似合ってあまり無理も出来ませんし、全然何もしないのもいけませんですね・・・💮🌸

 

 

 

 

 

 

徳島県阿南市|22番札所平等寺は開かれたお寺、カラフルで華やかな境内は女子必見のリンクを貼らせていただきました。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

徳島県阿南市|22番札所平等寺は開かれたお寺、カラフルで華やかな境内は女子必見🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://tokushimagoshuin.com/tokushima-byodouji-goshuin

 

 

平等寺について

 

弘仁5年(814年)に四国を巡錫し始めた弘法大師が水を求めて井戸を掘ると乳白色の水が湧き、この地が霊地であると感じてしばらく滞在しました。厄除けの祈願をしたところ五色の雲が湧いて大日如来の梵字が現れ、薬師如来の姿に変化したといわれています。🙏🙏

この伝承から平等寺の境内は五色の幕で彩られ、雲から現れた薬師如来のお姿を弘法大師自ら刻んだのが御本尊の薬師如来坐像です。弘法大師は「あらゆる人々の心と体の病を平等に癒し去る」と誓い、寺号を「平等寺」とされました。

かつては七堂伽藍と12の末寺を持つほど栄えていましたが、天正年間(1573年~1592年)にはやっぱり長宗我部元親の兵火によって焼失、享保年間(1716年~1736年)にようやく再興されました。🙏🙏

正式には白水山(はくすいざん)医王院(いおういん)平等寺(びょうどうじ)といい、高野山真言宗のお寺です。

平等寺は毎月第二日曜日には「サンデーサービス」として日曜礼拝が開かれるなど、四国霊場でも屈指の開かれたお寺です。なんとなく敷居が高く感じるお寺に誰でも気軽に行けるよう、さまざまなイベントが開催されています。詳しくは平等寺の公式ホームページやフェイスブックなどをチェックしてください。🙏🙏

 

 

 

 

第22番札所 Byodoji 平等寺🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。