「石原慎太郎先生の追悼岩田温先生のお話&生産性を向上させる栽培方法」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🚜🚛

パートのお仕事を済ませて成瀬駅前のスーパーでお買い物をすませてかえりました。

 

 

途中町田市体育館の横の腰掛で5分ほど休憩してそばにありました花を写しました。🚜🚛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パート先では、会社の前の溝に土が溜まり、梅雨時にならない今のうちに取り除きたいと思っております。(#^^#)
自分の出勤の日に5キロ二つ取りつづければ綺麗になるはずです。🚜🚛

時どき落ち葉やゴミを取るように言われていますが溝に溜まった土を放置しておくわけにいかないと思い、社長さんの許可を得て取り除いています。
年金をもらえているのも若い方々のおかげでもありますし、どこかでご恩返しのつもりで、勤め先である会社で進んで
このようなことをやっています。(#^^#)🚜🚛

 

 

 

 

 

イラストはお借りしていましてこのような大きなスコップではありませんが・・・🚜🚛

 

 

 

 

 

 

亡くなられた石原慎太郎先生の追悼のYouTubで岩田温先生のお話をお聞きして感動いたしました。😭😭😭😭😭😭

 

 

 

 

 

 

【追悼 石原慎太郎氏】東日本大震災で見せた指導者としての資質。その国家觀と自己犠牲。三島由紀夫と対談。死者を冒涜する左翼(22/2/2)

 

 

 

 

 

 

 

色々なお話しありがとうございます。東日本大震災の話は存じ上げませんでした。泣けて来ました。 昔は過激な人かと思っていましたが、やはりマスゴミの切り取りのせいで、テレビだけでは私達は正しい事が伝えられていませんね。先生の動画を見てからは、きちんと考えながら聞く事、正しい情報を探す事を教えて頂きました。ありがとうございます。 心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

生産性を向上させる促成栽培,半促成栽培,早熟栽培の特徴と違いのリンクを貼らせていただきました。🚜🚛🚜🚛🚜🚛

 

 

 

 

 

生産性を向上させる促成栽培,半促成栽培,早熟栽培の特徴と違い🚜🚛🚜🚛🚜🚛

 

 

 

https://www.kaku-ichi.co.jp/media/crop/cultivation-type

 

 

促成栽培とは、いわゆる露地栽培よりも成長~出荷までを早める栽培方法のことを指します。🚜🚛

普通よりも早くに収穫するため、温度などを人工的に調整することで生育・発育を促します。ビニールハウスや音質などを利用することが一般的で、夏野菜を春に、春野菜を冬に出荷することが多いです。出荷時期を早めることで、「通常その季節には出回らない」という商品価値が生まれ、その農作物の商品価値を高めることにつながります。🚜🚛

デメリットとしては、人工的に農作物の生育・発育を促進するがゆえ、温度調整に利用する暖房機材などの費用がかかることが挙げられます。しかし促成栽培で育てた農作物は、市場取引での価格が高いため、生産コストも高ければ得られる収益も高いと言えます。

促成栽培で有名な産地は、宮崎県や高知県、東京近郊であれば茨城県や栃木県が挙げられます。中でも宮崎平野や高知平野は、中学校の社会科学州で取り上げられるほど有名な地域です。きゅうりやナスなどの夏野菜が有名です。🚜🚛

促成栽培と真逆のものとして「抑制栽培」があります。抑制栽培は促成栽培とは違い、遅くに出荷することができる栽培方法です。その土地の冷涼な気候を生かし、ほかの地域よりも遅く出荷することができるのが特徴です。🚜🚛

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。