「大隅高隈山岳・自然薯・大和いも・長いも」(自然薯使用の蒸気屋のカルカン

鹿🙂児🥦島🍆県🐟肝🍋属🌳郡🍅

 

 

●  大隅高隈山岳

 

豊かな自然い恵まれた大隅高隈

鹿児島県の左側に位置しています。大隅半島にそびえたつ高隈山は、鹿児島県で屋久島霧島山につぐ高山です。
標高1237メートル大箆柄岳を主峰に1000メートルを超える七つの峰が連なり各方面からの縦走路が開けていいます大箆柄岳の「箆」は「スズダケ」の意味で地元では(ガラ)と呼び霧島山と並び称せられた古くからの霊山で集験道の
本山として、山伏たちの修行がなされていました。🍒🌵🌻🐿🥦

江戸時代に入ると民衆が講中を組んで岳参り(タケメイ)が盛んになりました。そのなごりとして各峰には、今も多くの石祠が残されています。🍊🍆🌿🌹🐥
高隈山の中心に位置する妻岳は昔は、スマン岳(須摩岳)と呼ばれていました。
「スマン」の語源は、当地の方言で「角」「隅」のことを「スマ」と呼び発音では「スマン」になります。
地形的に鹿屋垂水の隅(スミ)に位置することになります。麓がスマン峠です。🌰🌴🍋🍀🥥

明治35年測図の高隈山地に「熊原官林」と記されているこいとから、当時の高隈山は想像を絶する原生林で会ったとおもわれます。

また本山から北東に位置する大崎町野方から見上げる高隈連山は、太古の時代南九州の山々に住みついたとされる「熊龍」のいさましい情景が連想されます。🍑🐟🐳🦀🥕

 

 

 

●  高隈山の地名の由来

 

「熊」「隈」「隅」「岬」クマ・スミ・ワイとも読み山や川が弓の曲がりとなり奥まって隠れたところを言い高隈山の地形が弓のごとく曲がり「日の出ずる」ところの高き山を言います。
矢の矛が御岳でその先が日の出づる所🍆🍋🐞🙂🥦

引用のぶぶんあります

 

●  今日のおすすめ品 蒸気屋のカルカン

 

⁂   蒸気屋のカルカンは自然薯を使用しております。自然薯は、大和いもと長いもとどのように違うかは、自然薯は、日本原産種です。大和いもは、南方原産種、長いもは中国原産種です。総称して「山いも」よばれていますが、もともとは山に自生する自然薯だけを山いもと呼ばれていたのです。大和いも・長いもの外来種が加わりそちらの方も山いもと呼ばれるようになりました。🌻🦋🍉🥒🌽

⁂  山いもの特徴は、健康に良いとされる粘りは自然薯ー大和いもー長いもの順です。
だしで倍に伸ばしても香りも粘りも生きるのは自然薯だけです。🥥🐞🍇🍒🙂

 

「蒸気屋のカルカンは、このような自然薯で作られています。」
🌻🍅🌴🍋🦋🍒🍊🌿🍇

 

⁂  自然薯は、すりおろした時に手がかゆくなることが有りますが、シヨウ酸カルシュウムの物質含まれているためです。   かゆくなったら酢水でこすらないように洗い流します。🐿🍉🌵🍆🐥

⁂  すりおろした時に赤茶色に変色するのは、フェノール物質が含まれて活性化しているためです。
   自然薯に活力があるしょうこです。  保存は冷蔵庫や冷たい場所が適しています🌰🌿🥒🍁🥧

 


【 薩摩蒸気屋 】 かるかん饅頭(24個入) 鹿児島 土産 の お菓子

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です