「家庭菜園に最適! 1月に植える野菜5選&梅雨時にならない今何とかしたい」

おはようございます。鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🌉🌇

昨日は投稿をお休みいたしました。🙏🙏

 

パートのお仕事が終わり、成瀬駅前でお買い物をして帰りましたが、カワセミが止まる恩田川の岩が人の手を加えられて、最近見かけなくなっています。(周りに小さなもの、形の様々な物が置かれています。)🌉🌇

ハトさん達がたまに何羽か止まるときが有りますが、お仕事やお買い物帰りに時々カワセミに遭うことを楽しみに目を向けてもいないのです。😪😪

 

自然の生き物は手を加えられるとどのような思いをしているのかなと思うことが有ります。🌉🌇

 

昨日写した写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末にご近所さへ挨拶するために、鹿児島のサツマイモのかりんとうをお取り寄せしていました。🌉🌇
気を使ってか受け取り拒否される人がいますので、持って行きにくいです。
いくつか残っていましたので息子行きつけの飲食店に持って行き、そのまま帰る訳にもいかないのでお茶を飲み帰ったためにブログを書かなくて投稿できませんでした。🙏🙏

 

 

 

 

 

 

家庭菜園に最適! 1月に植える野菜5選【畑は小さな大自然vol.64のリンクを貼らせていただきました。🌉🌇🌉🌇🌉🌇

 

 

 

 

 

家庭菜園に最適! 1月に植える野菜5選【畑は小さな大自然vol.64🌉🌇🌉🌇🌉🌇

 

 

 

https://agri.mynavi.jp/2019_12_26_101220/

 

 

ホウレンソウ

 

ホウレンソウは葉物野菜の中でも特に寒さに強い野菜の一つです。トンネル栽培を行う場合にもオススメの野菜です。🌉🌇

ホウレンソウは酸性土壌を嫌い、中性に近い環境を好みます。土が酸性に偏っている場合、有機石灰や草木灰、もみ殻くん炭などを使って、土壌を中和しましょう。一般的には筋まきで種をまきますが、ビニールマルチを敷く場合は、15〜20センチ間隔ほどに穴をあけ、そこに3〜4粒ずつ種をまいていきます。10センチほどまで育ってきたら、2本ずつ残して間引いていきます。スーパーで売られているような大きさまで待つと、一気に収穫する必要があり、それだと食卓では消費仕切れなくなりがちですので、少し小さめでも大きくなったものからどんどん間引きがてら収穫していく方がオススメです。🌉🌇

ホウレンソウは“長日条件”によって春化が起こります。つまり光の当たる時間が長いと春が来たと判断して、トウ立ちのスイッチが入り、気温の上昇と共にトウ立ちが始まります。そのため太陽光でなくとも夜間に街灯などで光が当たっていると、春化が始まってしまうことがありますので注意しましょう。🌉🌇

 

 

若い頃故郷を離れましたが、年を重ねて農産物栽培の方の有りがたさを知ります。😅😅

 

 

 

 

 

パート先の会社の前に側溝があり、土や木の葉が溜まり梅雨時にならないうちに除去したいと思っております。

 

 

 

 

 

先日ミミズが出てしまいましたので勇気を出して取り除きたい思いです。
ミミズ、蛆虫、ナメクジ、ヒル、ムカデ、蛇などが好きではないです。(笑う)🐍

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。