「鹿児島県に旅行に行くなら押さえておきたい観光スポット&ひろゆきさん動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。 
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🚘🚗

今日のパートはお休みでした。(#^^#)

コロナも拡大していることでもあり食材も有りましたので自宅から外出しませんでした。
昨日指宿から送られてきましたサツマイモをゆでましたが、甘くて大変おいしくいただきました。(笑う)🚘🚗

夫の三回目のワクチン接種券が届きましたので予約できるようにパソコンで入力し、2月10日から予約できるそうです。
まだ20日先で待つのが長い感じがします。🚘🚗

 

2021年1月22日の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【完全保存版】鹿児島県に旅行に行くなら必ず押さえておきたい観光スポット&テーマパーク13選&人気グルメ5選(最終更新日時11月1日)🚘🚗🚘🚗🚘🚗

 

 

https://www.welcomekyushu.jp/article/?mode=detail&id=547

 

賛同が

 

毎年11月頃からシベリアから国の「特別天然記念物」に指定されるツルの第一陣が渡来。ナベヅルやマナヅルなど、出水平野で約一万羽を超えるツルが3月頃まで越冬します。

熊本県との県境に位置する鹿児島県出水市。九州新幹線の乗車駅があり、観光牛車で巡る日本最大級の武家屋敷群、日本一古い禅寺、日本一大きい大鈴や大地蔵など、他にはない観光スポットが揃います。🚘🚗

中でも「日本最大のツルの渡来地」として、毎年10月中旬から12月頃にかけて、1万羽を超えるツルが越冬のためシベリアから渡来し、3月頃まで出水平野に滞留します。その渡来数と種類の多さは日本一で、「鹿児島県のツル及びその渡来地」として国の特別天然記念物にも指定されています。出水のツルは主にナベヅルとマナヅルを中心に、クロヅル、ソデグロヅルやアネハヅルなど数年に一度渡来するものを合わせると、7種類のツルが渡来。24年連続で1万羽以上の羽数が確認され、これだけの数が人里近くで越冬するのは世界中でも出水平野だけと言われており、田んぼにいる親子連れのツルや大空を舞うツルは圧巻です。🚘🚗

渡来するツルを見るなら、ツルのねぐらとなっている干拓地の目の前に建つ「出水市ツル観察センター(2021年11月リニューアルオープン)」がおすすめ。 2階の展望所や屋上からツルの様子を観察しながら、ツル渡来地について学ぶことができます。館内には休憩スペースやお土産店もあり、ツルを観察する合間にお買い物も可能。また、ツルについてさらに詳しく知りたい場合は、日本唯一のツルの博物館「クレインパークいずみ」にもぜひお立ち寄りを。🚘🚗

 

 

 

 

 

 

【ひろゆき】※コレが真実です※ 勉学的に微妙な人達だけがその地方に残り続けることは間違いないです【 切り抜き kirinuki 思考 2ちゃんねる 論破 】🚘🚗🚘🚗🚘🚗

 

 

 

 

私の故郷でも優秀な人は都会へ行ってしまいます。
優秀な人でも田舎でそれなりのお勤めできる職業があるようになれば良いなー・・・🚘🚗
Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。