「 1月に植えられる野菜は?寒さに強い野菜を栽培&排水管の清掃」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🗼🗽

今日は成瀬駅前のスーパーでお買い物してコンビ二で昨日注文しました商品のお支払いも致しました。
午後から業者さんが来て排水管の清掃が有りますのでゆっくりもしていられなくて写真は2021年1月15日に写したものです。🗼🗽

 

 

 

 

 

 

 

 

排水管の業者さんは午後2時20分くらいに来られて無事終わりました。(#^^#)🗼🗽

 

 

 

 

 

 

1月に植えられる野菜は?寒さに強い野菜を栽培しようのリンクを貼らせていただきました🗼🗽🗼🗽🗼🗽

 

 

 

1月に植えられる野菜は?寒さに強い野菜を栽培しよう🗼🗽🗼🗽🗼🗽

 

 

https://hanasaku-gift.com/guide/january-vegetables

 

 

そら豆は、中央アジアや地中海の沿岸が原産の、マメ科の野菜です。そら豆のさやは、成長してくると上の方に向かってつくために、そら豆の名前がついたのだそう。

ひとつのさやには、品種によっても異なりますが、3個から5個程度の種が入ります。そら豆の種には、黒い部分があるのが特徴です。🗼🗽

そら豆は露地でもプランターでも育てられる野菜です。ふっくらと大きな種が特徴のそら豆は、塩ゆでにしたり、乾燥させたものを炒っておつまみにしたりするのがおすすめですよ。🗼🗽

そら豆の特徴

そら豆は、タンパク質やミネラル、食物繊維やビタミンを多く含む野菜です。私たちは通常、未熟種子の状態で食べることが多いですね。🗼🗽

そら豆の育成に適した気温は15度ですが、涼しい気候を好む野菜なので、温度管理をすれば寒い季節にも植え付けられます。連作すると育ちが悪くなりますので、3年程度マメ科の野菜を植えていない畑に植えるのが上手な育成のポイントです。

そら豆の種の大きさは1cmから3cmほど。日本では種が緑で大粒のそら豆が広く流通しています。🗼🗽

そら豆の植える時期

そら豆は1月にも植えられる野菜で、畑やプランターに直まきができます。植え付ける2週間ほど前には、苦土石灰を入れてよく耕します。1週間前には堆肥を入れて再度耕してください。種の黒い部分をななめ下にして種の頭が見える程度に浅く土に入れます。植え付けが深すぎると芽がでない場合がありますので、浅めに植え付けるのがポイントです。シルバーのビニールマルチを使用すると、地温を保ち、害虫から守る効果が期待できますよ。種をまいてから1週間程度で発芽します。🗼🗽

 

 

 

 

 

 

初めての鹿児島大隅半島へ家族旅行!東京しか知らない子供が見る景色🗼🗽🗼🗽🗼🗽

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。