「知り合いの方にいただいた干支寅の石鹸&小池都知事の人間性・・・・・」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍒🍄

昨日三回目の接種券が届いていましたので、今日予約しようと思い、入力のところで一回目、二回目を息子に入力してもらい、メールが息子あてになっているので確認してから、予約をしたいと思ます。

感染拡大も止まらないので息子に聞いてからでないと予約できないかもしれません。😪😪😪

 

知り合いの方にいただきました。🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

小池百合子都知事が東京都にもたらした「7つの悪政」、都庁元幹部が激白!のリンクを貼らせていただきました。🎈🌊🎈🌊🎈🌊

 

 

 

 

小池百合子都知事が東京都にもたらした「7つの悪政」、都庁元幹部が激白!🎈🌊🎈🌊🎈🌊

 

 

https://diamond.jp/articles/-/273466?page=5

 

悪政プラス1 都庁は小池知事に食い物にされた😠😡😠😡😠😡

 

 

小池知事就任後の5年間、都庁は人事も組織も財政も政策も、異形の政治家によってズタズタに引き裂かれた。その惨状はここまで述べたとおりである。日本の首都・東京都ともあろう自治体が、小池氏1人にもてあそばれ、いい食い物にされたのだ。🎈💧

その小池知事は今、6月25日告示・7月4日投開票の都議会議員選挙を前に、音沙汰なしの構えを見せている。五輪開催の是非に対しては、政敵の菅首相と同様に「安全・安心な大会を」と公式見解を繰り返すにとどめ、一向に本意を語ろうとしない。

これも世渡り上手の風待ち作戦の一環なのだろうが、コロナ禍に苦しみ不安を抱く都民に対して、極めて不誠実な態度と言わざるを得ない。🎈💧

小池知事の残任期はまだ3年もある。だが、もうそろそろ「小池後」の都政を真剣に考えても🎈💧

 

 

 

小池都知事、過労で入院時の記録を都庁が「文書なし」と回答する異常のリンクを貼らせていただきました。

 

 

 

 

小池都知事、過労で入院時の記録を都庁が「文書なし」と回答する異常🎈💧🎈💧🎈💧

 

 

 

https://diamond.jp/articles/-/277275

 

 

リモート復帰の翌々日に選挙応援
入院先も公務の引き継ぎも「文書なし」🎈💧🎈💧🎈💧

 

 

6月22日に「過労」を理由に入院。7月1日にリモートで公務に復帰し、翌2日には記者会見を開催。東京都議会議員選挙の選挙戦最終日である3日には、自身が事実上率いる「都民ファーストの会」の候補者を激励するため、都内各地を回って見せた、小池百合子東京都知事――。🎈💧

ダイヤモンド編集部が、小池知事の病状や入院先医療機関について、都の情報公開条例に基づき開示請求を行ったところ、都庁内で文書や記録を一切作成していないことがわかった。

さらに、知事の入院期間中、公務を代理した多羅尾光睦副知事への業務の引き継ぎなどに関しても同様に、請求対象となる文書は「不存在」と回答した(写真は次ページ)。🎈💧

 

 

 

 

 

体調が悪いと入院して退院し登庁するまで小池都知事の近況は知らされず、登庁しても周りにいる方々に(どうされたんですか)などと言っていました。
これを聞いただけでも政治家としての人間性がないですね・・・😰😰😰😰😰

 

 

 

小池都知事が公務本格復帰 1カ月ぶり登庁、知事会出席🎈💧🎈💧🎈💧

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。