「御大師様・恵観大阿闍梨様に手を合わせる& おいしいネギを自宅で育てる」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍏🍑

今日も寒かったですね・・・(#^^#)
年賀状の印刷も出来て、後は少し下手な字で文を書こうと思っています。

裕福な家庭ではありませんが、病気しながらも今の自分が有りますことに幸せを感じております。
今年は様々なネット情報やYouTubを視聴いたしましたが、納得できるのも有りましたが全部をうのみしない方が良いと思っております。🍏🍑

 

御大師様と恵観大阿闍梨様に手を合わせることが私には合っています。(#^^#)🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしいネギを自宅で育てる栽培法って?「ネギ坊主」って何?のリンクを貼らせていただきました。🍏🍑🍏🍑🍏🍑

 

 

 

おいしいネギを自宅で育てる栽培法って?「ネギ坊主」って何?🍏🍑🍏🍑🍏🍑

 

 

https://gardenstory.jp/plants/50155

 

 

ネギは、青々とした葉芯部を薬味として利用する葉ネギ(青ネギ)と、白い葉鞘部を薬味や鍋物などに利用する長ネギ(根深ネギ、白ネギ)があります。🍏🍑

葉ネギは、主に関西地方以西で栽培され、京野菜の九条系が多く出回っています。種まきから収穫までの期間が短いので、ビギナーさんなら葉ネギの栽培からスタートするのがおすすめ。葉ネギは酸性の土壌を嫌うので、土づくりの際に苦土石灰を散布して土壌改良しておくことがポイントです。3月下旬〜4月にタネを播き、7月頃に草丈が60〜70cmになったら収穫します。花苗店やホームセンターでは苗の販売もしているので、苗の植え付けから始めれば、より手軽に栽培できますよ!🍏🍑

長ネギは、関東地方以北でよく育てられており、東日本では千住ネギ系、北陸では加賀ネギ系が多く流通しています。群馬県の特産として知られる下仁田ネギは、軟白部が太くて短く、甘みがあって柔らかいのが特徴です。長ネギは、栽培の際に土を盛り上げて日光に当てないようにする「土寄せ」を繰り返し、人工的に軟白部を30〜40cmほど長く育てます。植え付けの際には、根を傷めないために苦土石灰や肥料を用いないのがポイント。栽培期間は、3月下旬〜4月にタネを播いて、収穫できるのは11月下旬〜2月頃と、野菜の中でも長いほうです。その間、場所を占領するため、周囲に育てる作物の状況も踏まえて、どこに植えるかじっくり検討するとよいでしょう。また、月に1度は追肥と土寄せの作業を繰り返すメンテナンスが必要なため、家庭菜園では上級者向きといえる野菜です。長ネギの収穫期間が11月下旬〜2月までと長期にわたる理由は、収穫適期が過ぎても、2月までは畑にそのまま置いても大丈夫なため。必要な分ずつ収穫することができます。🍏🍑

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。