「御大師様・恵観大阿闍梨様に合掌して&西郷南洲謫居跡 」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。

 

   ⇓  合掌   🙏🙏🙏

 

 

夫が牛乳をこぼした炬燵敷中々乾きませんで苦労しました。
やっと何とか乾きそうですが、明日又干したいと思っております。🍘🍙
(コインランドリーで乾燥機が使えないために)

 

◎階住んでいるものですから下の階の人に水滴やゴミを落とさないためにAmazonで物干し台を注文いたしました。
これならば安心して洗濯物や布団を干せそうです。(#^^#)

 

 

2019年に写した写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支払いのためにコンビニに行きましたが、番号を間違い、もう一度メールを見て13桁の番号が見つかり明日までにお支払いを済ませたいと思います。🍘🍙

 

ポツンと一軒家今日は7時から2時間あるらしいので観たいと思います。
頑張っていらっしゃる方々の働きぶりとか過ごし方に元気をもらえます。🍘🍙

 

 

 

 

2018年だったでしょうか?NHK大河ドラマ西郷どんは毎週日曜日に観て再放送も欠かさず観ていました。
世の中には西郷隆盛さんにょうな人がいません。(土地によっていらっしゃるかもしれませんが・・・)🍘🍙
息子にもらいました雄川の滝の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

西郷南洲謫居跡 のリンクを貼らせていただきました。🍘🍙🍘🍙🍘🍙

 

 

 

https://ameblo.jp/dewisukarno/entry-12347668526.html

 

 

西郷南洲謫居跡  🍘🍙🍘🍙🍘🍙

 

 

https://amamitabi.com/blog/saigo-nansu

 

明治維新の立役者と知られる鹿児島の偉人・西郷隆盛は安政6(1859年)から文久元(1861年)まで潜居を命ぜられ、奄美大島の龍郷町に約3年ほど暮らしておりました。🍘🍙

奄美大島で身を潜めた際に暮らしていた屋敷跡・

 

今回ご紹介する龍郷集落の白間地区にある謫居地は、西郷隆盛の3番目の謫居地となります。🍘🍙

ここは、西郷隆盛が島妻・愛加那と息子・菊次郎のために建てた新居で、土地選びなどは西郷さんが自ら歩き探したといいます。

新居は文久元年(1861年)11月20日に完成。🍘🍙

 

しかし、薩摩藩からの召喚状が届き、西郷さんがここで生活できたのはわずか2ヶ月だったようです。

現在の家は明治43年、愛加那の養嗣子ようししにより再建されたものだが、塀は当時のまま残っております。

屋敷入口正面には勝海舟の碑文が刻まれた石碑が建っております。🍘🍙

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。