「 中国に❝爆買い❞される北海道の大地、日本の領土を守れ!&ch櫻北海道」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍀🍁

今日は集合住宅の年末の清掃が有りました。
6月の公園の清掃は、丁度新型コロナワクチンの接種日で夫をクリニックに連れて行った為の出席できなかったので
今日9時からの清掃を人より40分前に出ていたしました。(#^^#)🍀🍁

9時30分までで終わりました。

 

2020年12月5日の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国に❝爆買い❞される北海道の大地、日本の領土を守れ! 宮本雅史ノリンクを貼らせていただきました。 💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

中国に❝爆買い❞される北海道の大地、日本の領土を守れ! 宮本雅史🌲🌾🌲🌾🌲🌾

 

 

 

https://www.chichi.co.jp/web/20210228_miyamoto_masahumi/

 

 

チャイナタウンがあちこちに

平成27年秋、1000ヘクタール(東京ドーム213個分)を超える、占冠村の総合リゾート施設「星野リゾートトマム」が中国資本に買収されました。買収を手掛けた復星集団は、その直前にも隣町のリゾート地「サホロリゾートエリア」を買収しています。非常に短期間のうちに、日本が誇る2つのリゾート地が中国資本の傘下に入ってしまったのです。🌲🌾

オーナーが中国企業になったことで、星野リゾートトマムやサホロリゾートエリアには、中国人観光客が急増しているといいます。ある政治関係者は、「今後、観光地の中国化が進み、利用するのは中国人がほとんどという事態になり、その場所が大型のチャイナタウン化するのは時間の問題だろう」と懸念しています。🌳🌾

そして、中国資本は高級住宅街にも進出しています。北京の映像制作会社が、札幌にマンション開発や不動産売買などを手掛ける会社を設立したのですが、同社は札幌を中心として手広く開発やビジネスを展開しています。

昨年2月には、大倉山ジャンプ競技場などで知られる札幌市中央区の宮の森地区に三階建てのマンション二棟の建設を表明しました。しかし、最近話題の「民泊」としての利用を懸念した地元の住民から反対の声が上がり、ちょっとした騒動となりました。🌲🌾

今後も中国資本による住宅地の買収が進めば、ある日、目を覚ますと、隣の土地に日本語を話せない人が立っていて、「きょうからここは私たちの土地です」と、突然家が建ち始める。そのような事態も十分に考えられます。

広大な森林地帯や農地などではなく、住宅やマンションの一室など、中国人個人が日本の不動産を買っている場合の目的は、中国人が日本の「永住権」を取得するためだという見方があります。🌲🌾

これは複数の不動産関係者が証言してくれたのですが、ある中国人は、90日間滞在できる観光ビザで沖縄から入国、北海道に移動し、仲介者の協力で会社を設立して会社名義で土地を購入。中国に一旦帰国し、今度は中長期在留ができる「経営・管理ビザ」で入国し、1年、3年、5年とビザを更新することで、最終的には永住権を申請する方針だといいます。

日本で不動産を持っていれば永住権を得やすいというのは、不動産を買う中国人の間で半ば常識化しているそうです🌲🌾

そのような中国資本の動きに対して、北海道は平成24年に、水源地の売買については申告制にしましょう、という条例を制定しました。しかし、これは「3か月前に事前に届けなさい」というだけで、買収自体を規制できるわけではありません。🌲🌾

そもそも、日本には、外国資本の不動産売買を規制する法律もルールもありません。さらに登記も義務づけられていないことから、転売されれば誰が所有者なのか把握できなくなります。そのため、昨年末現在で中国資本に買収された土地は「東京ドーム500個分」と言われていますが、実数は1桁、2桁多いと分析する人もいます。🌲🌾

そのような日本のあり方は、諸外国と比べて異常です。アメリカでは、安全保障上の懸念がある買収案件などは、法律に基づき、大統領が拒否することができます。韓国にしても、安全保障に関する買収案件については事前の許可申請が必要です。🌲🌾

 

日本も領土を守るための法整備を急がなければ、取り返しのつかない事態になってしまいます。🌲🌾

 

 

 

【ch桜北海道アーカイブス】北海道が日本で無くなる日~中国の土地爆買いとアイヌ新法の罠[R2/5/4]  💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

 

 

 

【ch桜北海道 特別番組】加速度を増す中国の侵略 北海道における最新情報 [R3/9/27]   💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です