「高野山別格本山 清浄心院 鳳凰奏殿&高野山に戦国武将の墓があるのはなぜ?」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🐰🐹

成瀬駅前の鍼灸整骨院さんへ予約してありましたので行ってきました。
幼稚園の子供さんがいらっしゃるそうですが、施術は上手いですよーー(#^^#)🐰🐹

 

帰りはお買い物して写真を写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんぐりを見ると孫たちの幼い頃遊んでいました。
道路におちているどんぐりを一緒に拾ったものです。🙎🙎🙎🙎🙎

 

 

 

 

 

 

 

高野山別格本山 清浄心院 鳳凰奏殿・永山帰堂 落慶法要のご案内  🙏🙏🙏🙏🙏

 

2019年4月22日に公開されましたYouTubで兜率天、微雲管、廿日大師、弥勒菩薩のことがお分かりいただけると思います。🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

高野山へお参りされ清浄心院さんに行かれて下さい。(合掌)

 

 

 

 

高野山に戦国武将の墓があるのはなぜ?理由と武将一覧・弥勒菩薩の伝説も紹介 のリンクを貼らせていただきました。 🌂🌈🌂🌈🌂🌈

 

 

 

 

 

 

高野山に戦国武将の墓があるのはなぜ?理由と武将一覧・弥勒菩薩の伝説も紹介  🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

https://intojapanwaraku.com/culture/103491/

 

 

世界遺産高野山の聖地「奥之院(おくのいん)」には、数々の有名武将の供養塔が立ち並んでいます。その中の一人、信長に至っては「残虐な行為を悔い改めて、せめて死後は弘法大師の近くで眠りたいんじゃないの?」などと言われたりしますが、信長さまはそんなこと悔い改めたりいたしません!実は56億7千万年後のビッグイベントの席取りに並んでいるのです。信長の他にも、武田信玄、上杉謙信、石田三成、明智光秀、豊臣家御一同までがこの席取りに参加しています。
ここまで死者を熱狂させる56億7千万年後のビッグイベントとはいったい何なのでしょうか。🌂🌈

世界遺産 高野山

高野山は、平安時代のはじめに標高約800mにある蓮の花のような形をした盆地に開かれた真言密教の聖地です。唐の長安で密教を学んだ弘法大師(空海)が、816年に嵯峨天皇よりこの地を賜り、真言密教の根本道場を開くために開山しました。和歌山県の山奥にあり、公共交通機関だと電車とケーブルカーとバスを乗り継がなくては辿り着くことができません。「こんな山奥に何があるの?」と思われるような場所に、真言密教の宗教都市が広がっているのですがら、神秘的この上ない場所です。🌂🌈

山上は夏は涼しく冬は極寒。季節によっては朝霧や雲海が見られ、下界とはかけ離れた異世界のような雰囲気も魅力。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界文化遺産に登録され、今では国内からはもちろん、特に欧米からの旅行客が訪れる観光地としても人気となっています。山上には金剛峯寺の塔頭寺院(たっちゅうじいん)が宿坊として参詣者を受け入れています。🌂🌈

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です