「 オミクロン株感染、欧州で次々確認 WHO報告からわずか4日」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🐟🐠

新型コロナも終息に向かうのかと思っていましたら、又新たなオミクロン株感染が確認されました。
ワクチン接種率が低いのかこれから研究者の方が様々明らかにして下さる事だと思いますが、来年南大隅町、指宿のお墓参りに帰りたいと思っているのですが願い叶わずなってしまうかしら・・・(#^^#)🐟🐠

それぞれ各国が対策をして人にうつさない、人からうつらないの気持ちで頑張ることだと思います。
岸田総理大臣明日0時から一か月世界の人の入国停止をされて良かった。
日本人が海外から帰国の時はしっかり水際対策をされて日本での拡大を防いでいただきたいものです。🐟🐠

明日はシルバー人材センターまで就業報告書を提出に行きます。
シルバ人材センターボランテア委員会から、長期のコロナ禍デ仕事を失ったりン縮小されたりのシングルマザーの方もいらっしゃるという事で文房具の寄付を募集されていますので、自宅にあった色鉛筆、水彩色鉛筆など持って行くことにしています。(#^^#)🐟🐠

 

 

 

 

今日写した写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミクロン株感染、欧州で次々確認 WHO報告からわずか4日のリンクを貼らせていただきました。💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

オミクロン株感染、欧州で次々確認 WHO報告からわずか4日😯😯😯

 

https://mainichi.jp/articles/20211128/k00/00m/030/254000c

 

 

さらに大規模な感染の疑いがあるのがオランダだ。ロイター通信によると、オランダの保健当局は27日、南アからアムステルダム・スキポール空港に26日に到着した航空機2便の乗客約600人のうち61人がコロナ検査で陽性だったと発表した。当局はオミクロン株かどうかの確認を急いでいる。陽性者は空港近くのホテルに隔離されている。🐟🐠

コロナ感染者が世界最多の米国では27日現在、オミクロン株の感染者は確認されていない。だが米国務省は27日、南ア、ジンバブエ、ボツワナなどアフリカ南部8カ国への米国人の渡航について、渡航警戒レベルを4段階のうち最も厳しい「渡航中止」(レベル4)に引き上げた。この8カ国から米国への外国人の入国については、原則として29日から禁止するとすでに発表している。🐟🐠

 こうした中、ブリンケン米国務長官は27日、南アのパンドール国際関係・協力相と電話で対応を協議した。国務省によると、ブリンケン氏は南アの科学者らが迅速に新たな変異株の確認に成功したことや、南ア政府の情報共有に関する透明性について称賛した。南アが各国による渡航制限措置などについて「まるで懲罰のようだ」などと不満を示していることに対し、一定の配慮を示したとみられる。🐟🐠

2人は米国やアフリカ連合(AU)などが協力し、ワクチン接種を促進していくことが重要との認識で一致した。【ロンドン服部正法、ワシントン古本陽荘】🐟🐠

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です