「高野山 清浄心院 氏神三尊大護摩祈願祭 池口恵観大僧正&高野山の紅葉」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然湯y高菜街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍂🍁

鍼灸整骨院さんへ9時30分の予約をしていましたので行ってきました。(#^^#)
スーパーでお買い物して写真を撮ろうと思い、カワセミが良くとまっていた岩を見るとカモさん達3~4羽いました。

カワセミの写真を撮ったり研究のためなのか岩をあれこれ動かしたり足したりしています。🍂🍁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近カワセミを見かけることが無くて寂しいなと思っております。😪😪😪

 

 

 

 

 

前半 令和3年11月6日 高野山別格本山 清浄心院 氏神三尊大護摩祈願祭 池口恵観大僧正

🙏🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

韓国さんの期待を日本が裏切ってしまう!🍂🍁🍂🍁🍂🍁

 

 

 

 

 

 

 

 

天空の聖地・和歌山「高野山」で紅葉を愛でよう!のリンクを貼らせていただきました。

🍂🍁🍂🍁🍂🍁

 

 

 

天空の聖地・和歌山「高野山」で紅葉を愛でよう!

 

 

https://www.travel.co.jp/guide/article/29110/

 

 

壇上伽藍では再建された「中門」も見てみたい

高野山は2015年(平成27年)に開創1200年を迎えました。それを記念して172年ぶりに再建されたのが写真の「中門」です。門の左右には四天王像が安置されています。🍂🍁

「御社(みやしろ)」は、高野山の神仏習合の象徴です。弘法大師が819年(弘仁10年)に、高野山の守護神として、県内のかつらぎ町の天野にある丹生都比売神社から丹生明神と高野明神を勧請し、祀ったのが始まりです。その後、もう一座「十二王子百二十伴神」が勧請され、現在のような三社の形態になりました。🍂🍁

御社の前の拝殿は、山王院といい、ここで毎年決まった日に堅精(りっせ)や月並間講(つきなみこう)などの重要な宗教的行事が行われます。

壇上伽藍の最奥に位置するのが「西塔」です。根本大塔と対になった重要な多宝塔で、886年(仁和2年)に光孝天皇の勅命で、弘法大師の弟子の真然が建立しました。現在の建物は1835年(天保5年)に再建されたもので、東塔や根本大塔のように朱色に塗られておらず落ち着いた佇まいを見せています。🍂🍁

なお、西塔横では、2015年に再建された中門の下層柱として伐採された桧の切り株があります。輪廻転生を感じさせる切り株をぜひ見てください。

<壇上伽藍の基本情報>
住所:和歌山県高野町高野山132
電話番号:0736-56-2011(金剛峯寺)
拝観料:根本大塔・金堂は中学生以上500円、小学生以下無料
拝観時間:8:30~17:00(最終受付16:30)
アクセス:南海りんかんバス・高野山駅から奥之院行き「千手院(東)バス停」下車 徒歩約4分🍂🍁

金剛峯寺の紅葉も見逃せない

 

蛇腹路や壇上伽藍に続く紅葉の名所は、高野山真言宗の総本山「金剛峯寺」です。高野山全体が金剛峯寺の境内とされていて、これを「一山境内地」といいます。

その金剛峯寺の正門に向かう参道は、とくに人気の紅葉スポット。ここでは辛抱強く人波が途切れるのを待って撮影しましょう。ちなみに正門は1593年(文禄2年)に再建された金剛峯寺最古の建物です。🍂🍁

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です