「衆議院議員選挙自民党必勝&島津忠彦さんも自民党参議員議員でした&鹿児島」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍁🍀

 

 

31日衆議院議員選挙まであと三日です。
私は南大隅町出身ですが町田市で暮らしていますので自民党の小倉まさのぶさんへ投票いたします。
自民党単独で過半数は取れないと思いますが公明党と連携して与党として安心安全な日本をお作りいただきたいと思います。🙏🙏🙏必勝

 

指宿の光明寺差にご縁あります島津忠彦さんは参議院議員でいらっしゃたようなので下に引用させていただきました。💥💦💥💦

 

 

 

島津忠彦

 

経歴

鹿児島県[4]鹿児島市清水町出身[1]男爵・島津壮之助の長男として生まれる[2][5]。父の死去に伴い、1925年4月15日、男爵を襲爵した[2][6]。💛💜

鹿児島県立第二鹿児島中学校(旧制)を経て[1]1923年成蹊実業専門学校本科を卒業[3]三菱銀行に勤務[5](約10年間[1])。以後、三和電機社長、鈴木商店代表者、鹿児島製紙興業社長などを務めた[3][7]

1939年7月、貴族院男爵議員に選出され[8]公正会に所属して活動し、1947年5月2日の貴族院廃止まで在任[3]大蔵省委員も務めた[3]。💛💜

戦後、1947年4月、第1回参議院議員通常選挙鹿児島地方区に出馬して当選し(任期3年)、第2回通常選挙でも再選された[7]。その後、自由民主党に所属し、参議院電気通信委員長を務めた[7]。その他、帝都高速度交通営団理事、阪神高速道路公団監事を務めた[4]。💛💜

親族

参考文献

 

 

 

鹿児島市内 超定番 半日コースのリンクを貼らせていただきました。💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

鹿児島市内 超定番 半日コース

 

 

https://www.kagoshima-yokanavi.jp/itinerary/course1

 

 

名勝 仙巌園

雄大な桜島を望む庭園が美しい島津家別邸

 

万治元年(1658)に島津家19代光久によって築かれた島津家の別邸です。雄大な桜島を築山、錦江湾を池に見立てたスケールの大きな庭園で、28代斉彬もこよなく愛し、篤姫など多くの人を魅了しました。🌾🌿

およそ1万5千坪の広大な庭園には、四季折々の花々が咲き誇り、大名家ならではの催しも魅力です。ガス灯の実験に使用された鶴灯籠や、全国でも珍しい猫を祭った猫神、江戸時代の正門である錫門(すずもん)など、見どころが満載です。
仙巌園が位置する磯エリア一帯は、平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録されました。日本の近代化を推し進めた薩摩の人々のストーリーを感じることができます。🌾🌿

島津家800年の歴史を学べる博物館・尚古集成館や、見学可能な薩摩切子工場が隣接し、立ち寄りスポットとしてもおすすめです。

天文館

鹿児島のグルメと買い物の中心地

南九州一の繁華街として人気のスポット。江戸時代に、西洋文明を進んで取り入れた島津重豪公が1779年に天文観測や暦の作成などを行う施設「明時館(別名天文館)」を建てたことが名前の由来になっています。🌾🌿

黒豚とんかつやかごしまラーメン、白熊などのご当地グルメや郷土料理を堪能できるお店や、ランチやスイーツを提供するカフェをはじめ、土産店などのショッピング施設も充実しています。通りには、アーケードがかかっているため、雨の日でも濡れずに食べ歩きやショッピングが楽しめます。
西郷隆盛銅像など人気の観光スポットへも徒歩で行けるほか、ビジネスホテルも数多くあり、観光や出張の拠点として利用されています。🌾🌿
また、文化通り、山之口本通りなどを中心に多くの居酒屋やバー、飲み屋などが立ち並び、鹿児島の夜を盛り上げます。

毎年12月から1月にかけて100万球のLED電球で彩るイルミネーションイベント「天文館ミリオネーション」を開催しています。🌾🌿

 

 

 

 

 

最福寺さんは枕崎線平川駅から近くて錦江湾高校も近いです。
お参りくださいませ。🙏🙏🙏

 

 

【元旦初護摩】【総本山烏帽子山 最福寺】【護摩焚き祈願】鹿児島市平川町20200102🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

指宿光明寺さんは島津忠彦さんとのご縁も有りますのでお参りくださいませ。🙏🙏🙏

 

 

 

 

指宿高野山いぶすきこうやさん 光明寺こうみょうじ

 

 

 

https://hakataboy.com/temple.php?dirpath=temple/Kagoshima/Ibusuki/KoumyouJI/

 

 

 

昭和26年1951のこと、島津久光の曽孫に当たる島津忠彦は東京に住んでいた。 あるとき、三日三晩にわたって尼僧が夢枕に立ち、「当家に伝わる弘法大師ゆかりの品を奉納するように」と告げた。 夢に顕われた尼僧を探すと、指宿光明寺の妙貞尼がその人であった。こうして代々伝わる弘法大師ゆかりの密教法具の一つ、金色の鳳凰をかたどった香炉と如意棒が、島津家累代の祖霊の願文とともに奉納された。これらは、光明寺の寺宝として現在も大切に保管されている。💥💦💥💦💥💦

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です