「玉ねぎ栽培&じゃがいもと玉ねぎのみそ汁&日本は、党数が多すぎます。」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🐟🐠

31日の衆議院議員選挙に向けて、各党の街頭演説も活発になってまいりました。
日本は次から次と新党が出来てあまりにも党数が多くなり今後の日本はどのようになっていくのかと思っている高齢者です。😱😱😱

若い方々、中年の方々、高齢の方々、政策の中身をしっかり把握されて政治家を選びたいものですね。

コーヒーのフィルターが無くなりましたので町田まで買いに行ってきました。
ボタニカルファクトリーさんからお取り寄せいたしましたシャンプーとリンス、ボデーソープを弟に送りました。🐟🐠

 

今日は玉ねぎ栽培のリンクを貼り、ジャガイモと玉ねぎのみそ汁の作り方のYouTubも埋め込んでみました。
私達の幼い頃は自給自足ですべての野菜、芋類を作っていましたのでジャガイモと玉ねぎのみそ汁は良く作って美味しかったことだけは覚えています。(笑う)🐟🐠

 

 

 

2020年10月21日の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玉ねぎ栽培について徹底解説! これを読めばあなたも玉ねぎマスターのリンクを貼らせていただきました。💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

 

 

玉ねぎ栽培について徹底解説! これを読めばあなたも玉ねぎマスター

 

 

https://gardenstory.jp/plants/48942

 

 

玉ねぎはヒガンバナ科ネギ属に分類されています。単子葉植物のネギの仲間で、保存性が高いために重宝する野菜です。原産地は中央アジア、近東。生育適温は15〜20℃で、寒さに強い一方で暑さには弱く、高温になると休眠します。今でも原産地周辺では野生種に近い玉ねぎが栽培されているようです。🍊🍋

栽培が始まったのは、非常に古い時代で、紀元前にエジプトや地中海沿岸で栽培されていたことが分かっています。16世紀までにはヨーロッパ全域に広がり、やがてアメリカに伝わると品種改良が進み、多くの品種が生まれました。日本へ伝わったのは江戸時代。南蛮船で長崎にもたらされましたが、日本人の口には合わなかったのか、一般に広まることはありませんでした。🍊🍋

明治になってアメリカの品種が伝わると、洋食化の影響もあってか需要が伸びていったようです。現在では、常備野菜に欠かせない存在として広く普及しています。

ところで、玉ねぎは地中で太った球を掘り上げて収穫することから、根菜類だと思っている方も多いのではないでしょうか。じつは、玉ねぎはホウレンソウやコマツナなどと同じ葉菜類に分類されています。食べる球の部分は、根ではなく「葉鞘」と呼ばれる葉の部分なんです! 葉鞘は葉が輪状に重なっており、成長するとともに葉の数が増え、葉の厚みも増して丸く結球します。球を横にカットすると中身が輪状に分かれますが、それぞれが葉なのです。🍊🍋

玉ねぎは、西洋ではハーブとしても使われ、臭み消し、殺菌、食欲増進などの効果があります。疲労回復効果が高く、強壮効果もあるので、古代から食されてきました。玉ねぎの辛味成分は硫化アリルという化合物です。玉ねぎを切った時に涙が出るほどの刺激が発生するのは、硫化アリルが空気中に含まれる酸素に反応し、揮発性の催涙物質に変化するため。この硫化アリルには、血液の凝固を防いでサラサラにする効果があるとされています。🍊🍋

 

 

 

 

じゃがいもと玉ねぎの味噌汁の作り方💥💦💥💦💥💦

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です