「桜島大根の特徴・選び方・保存・食べ方・大根の種類」 (霧島連山飲むシリカ

 鹿🐞児🍇島🌻県🍒桜🍑島

 

 

 

●  桜島大根

 

① 桜島大根の特徴

 

巨大な株を思わせる大きな丸形「桜島大根」は、鹿児島県を代表する地域の野菜で最大の特徴はギネスブックで世界一
に認定され、大きさは普通出荷される桜島大根でも7㎏~10㎏有り大きいものになると20㎏~30㎏にもなります。
肉質は緻密ですが、やわらかく煮くずれしませんので煮物に良いですよ・・・・🍒🌴🙂🥕🍉

生でも甘みがあり良い大根です。収穫は12月~2月頃・ ・・このように大きな大根が出来るのは温暖な気候と桜島の火山灰土特種な土壌のおかげです。

葉が放射状に大きく広がるのも特徴の一つで収穫を控えた畑では、地表に葉が広がった光景がみられます。🥥🍀🐞🍅🦋

桜島大根が書物に初めて登場したのは三原益軒の「大和本草」(1709年)の「薩摩大根」とされます。

その後薩摩藩主が作成した「成形図説」(1804年)写生図が残されています。今の桜島大根と同じであるかはわかりませんが、大和本草では「普通の大根よりは大きい」と記されていませんので、成形図説に書かれている桜島大根丸くはありません。1906年に書かれた常用救荒飯食界之植物誌では「根はほとんど球形にして中央豊肥」など現在と同じ特徴が記載されています。🌻🍑🍉🍋🌹

 

 

② 桜島大根の見分け方(選び方)

 

なるべく形が整いふっくらとした丸みがあり表面がなめらかで傷の少ないものを選びましょう。葉つきの場合は葉にみずみずしさが有り変色していないか良く見ましょう‥・・🦀🌿🙂🥒🥧🌿🌳

 

 

③ 桜島大根の保存方法

 

新聞紙に包み冷暗所に保存します。葉付きの場合は切り分けます。桜島フェリーは大きいのでカットして使いかけのものは
ラップにぴったりと包んで冷蔵庫の野菜室に保存します。🌍🦀🐳🐞🌻

 

 

④ 桜島大根の食べ方

 

煮物やおでん・ブリ大根・サラダ・味噌汁・大根おろし・ふろふき大根や田楽で食べると桜島大根の風味をしっかりと味わうことができます。煮物にするときは、米のとぎ汁・またはスプーン一杯のこめを入れて下茹でするのがいいです。
桜島大根は切り干し大根にしてもいいですし葉の方は、刻んで油揚げと一緒に炒めたり、 お漬物にも良いです・・・

特産品として「薩摩漬け」お土産になります。(桜島大根が使われています。)🍀🍊🐳🍅🌿🐿

 

 

⑤  桜島大根の旬

 

 

12月~2月

 

 

⑥  大根の種類

 

青首大根・三浦大根・辛味大根・黒大根・亀戸大根・赤大根・他🥕🦋🥒🍆🍒🌴

引用の部分有ります

 

 

●  お勧め商品

 

霧島連山飲むシリカです美味しくてけんこうにも良いです。夏の水分補給に冷やして飲みましょう・・・🍀🍅🥕🦋🍊🐳

 


霧島天然水のむシリカ【1箱/500ml×24本】 シリカ97mg 藤田紘一郎先生も驚き!ケイ素たっぷりの無添加ミネラルウォーター

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です