「大根栽培のポイントについて!&切干大根の作り方」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🔪🍬

今日は一日中自宅にいました。

パソコン検索や動画を観たりですが様々な動画があるものですね・・・(笑う)
緊急事態宣言も解除されて、皆様も外出もされた方もいらっしゃると思います。🔪🍬
このまま収束することを願って🙏います。

緊急事態宣言解除で緊張感が薄れて疲れた😲感じも致しますが、感染しないように注意いたしますけれども(#^^#)。
このままいって来年3月には鹿児島へお墓参りに帰れると良いのですが・・・🔪🍬

 

今日は大根栽培のリンクを貼りました。🍀🍁

 

 

2020年10月3日に写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大根栽培のポイントについて! 特徴や育て方のポイントを押さえて楽しく栽培のリンクを貼らせていただきました。💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

 

 

大根栽培のポイントについて! 特徴や育て方のポイントを押さえて楽しく栽培

 

 

https://gardenstory.jp/plants/59849

 

 

大根の生育適温は17〜21℃で、涼しい気候を好み、日当たり、風通しのよい環境が適地。適した土壌酸度はpH5.5〜6.0の弱酸性なので、土作りの際には苦土石灰などを散布して酸度調整をしておくとよいでしょう。水はけ、水もちのよい土壌を好むので、合わせて堆肥などを散布してよく耕し、ふかふかとした土作りを心がけてください。特に大根は、土中に根を長く伸ばすので、深く耕せば耕すほどよいとされています。根が分かれる「また根」になるのを防ぐためにも、土中に小石や根などの異物がある場合は取り除いておくことが大切です。🌱🌲

栽培時期

大根は、根菜類で移植を嫌う性質があるため、栽培は種まきからスタートするのが鉄則です。大根の栽培では春に種をまく「春まき」と、秋に種をまく「秋まき」とができ、年に2回の栽培が可能です。一般地を基準にすると、「春まき」は4月頃に種をまき、6月頃に収穫。「秋まき」は8月下旬〜9月上旬に種をまき、10月末〜12月中旬に収穫します。「春まき」は、まだ気温が低いことに反応して花芽をつけやすく、その後の気温の上昇によってとう立ち・開花して根が太らなくなることがあるので注意。とう立ちしにくい品種を選ぶ必要があります。「秋まき」の方がとう立ちしにくいので家庭菜園向きで、秋から冬にかけての旬の時期に収穫するのが最も栽培しやすく、味もよくなります。したがって、ビギナーの場合は「秋まき」からスタートするのがおすすめです。🌱🌲

年に2回の栽培が可能な大根ですが、連作(同じ場所で同じ種類〔科〕の植物を育て続けること。土壌バランスが崩れて生育障害が起きやすくなる)を嫌う性質を持っています。そのため、大根が属するアブラナ科の植物を1〜2年は育てていない場所を選びましょう。🌱🌲

 

 

 

 

 

【食べごたえ抜群】切り干し大根の作り方💦💥💦💥💦💥

 

 

 

 

 

 

【食べごたえ抜群】切り干し大根の作り方💥💦💥💦💥💦

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です