「知名度が高いだけで総理大臣になるのは危険&山下監督により菜園に興味持ちました」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🐳🐠

夫がデイサービスへ行き成瀬駅前の鍼灸整骨院接骨院さんへ施術に行ってきました。(#^^#)
住宅近くの保育園では公園で運動会の練習?かと思いますが園児たちが集まり音楽も流れていました。
このように可愛い園児さん達を見て癒されます。🐋🐠

 

 

恩田川遊歩道の桜の木です。

 

 

 

 

途中に椿の実がなっていました。

 

 

 

 

 

 

良くカワセミが止まってくれる場所の岩ですが人工的に手が加えられています。
ハトさん達がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週土曜日に映画監督山下大祐さんの土曜対談の生配信を視聴していますが、ブレークタイムで菜園や様々なことを配信していただき、中でも私は菜園に興味を持つようになりました。
野菜作りの動画やリンクを貼らせていただいております。🐋🐠🐋🐠🐋🐠

 

 

 

28歳独身映画監督のモーニングルーティン【4K高画質】💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサイ(白菜)の栽培方法・育て方のコツのリンクを貼らせていただきました。💥💦💥💦💥💦

 

 

 

 

ハクサイ(白菜)の栽培方法・育て方のコツ

 

 

https://ymmfarm.com/cultivation/veg/napa

 

 

中国が原産地のハクサイは、冷涼な気候を好む、秋まき野菜の代表格です。🍱🍘

外葉の育ち具合が球のできを左右します。

甘くてみずみずしい大玉のハクサイを採るには、外葉を大きく育てる、タイミングの合った追肥がポイントです。

播種(種まき)から収穫までの日数は、約60日〜120日となります。(品種・作型によって異なります)🍱🍘

栽培のポイント
  • 秋まきの時期が早過ぎると病害虫が発生しやすく、遅すぎると結球しないので、種まきの時期が大切
  • 元肥を多めに入れ、こまめに追肥して外葉を十分に育てる
  • 連作障害が出やすいので、同じ場所での栽培間隔をあける🍱🍘

 

連作障害・コンパニオンプランツ

ハクサイは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を2〜3年あけるようにします。

また、アブラナ科野菜のハクサイには、「モンシロチョウ」や「コナガ」の幼虫が寄生して葉を食害します。

そこで、コンパニオンプランツとして、これらが嫌うキク科の野菜(シュンギク、レタス)を近くに植えることで、害虫がつくのを防ぐ効果があります。🍱🍘

 

 

 

 

河野さんは中国寄りで日本は守れないので知名度だけの投票は危ないです。
下の動画を視聴していただけばどのような人か分かります。😡😡😡
中国は今でさえも、資本家が北海道の土地を爆買いしているようですから。・・・
日本をしっかり守って下さる方に総理大臣になっていただきたいです。🌈🌈🌈

 

 

【平井宏治】河野太郎と小泉進次郎の“利益誘導”疑惑💥💦💥💦💥💦

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です