「西郷隆盛と子孫」  (自然薯の美味しいカルカン)

    

     鹿 🍊児 🌻島 🍅県

     
     

 🌳🍇🍅🙂🌻西郷隆盛🌻🙂🍅🍇🌳

 

 

 

   西 郷 隆 盛 の 子 孫

 

西郷隆盛は、文政10年(1827年)12月7日 西郷吉兵衛之の長男と
して生まれました。母は、権衛門の娘マサです。🍉🙂🌽🥕🦋
西郷家は政治活動に借金は、多いでしたが食べるに困るほどではありませんでした。
藩内で御小姓組に属していました。
西郷隆盛の幼い頃は、大久保利通らと郷中で・・・相撲の強かった西郷は、10歳の
時喧嘩で腕を負傷し、これを機に武芸で頭角を現す道を断念します。🐥🌳🥕🦋🥒

18歳の時に群方書役所助と言う役職につき、嘉永5年(1852年)
伊集院家の娘須賀と最初の結婚をしますが、間もなくして祖父・父・母を亡くします。

1853年 浦賀にペリー艦隊が来航し、黒船以前から危機感を抱いていた斉彬は
幕府から江戸に来るように要請され、その時西郷も江戸詰御庭方として同行しています。

間もなく須賀とは離縁しています。御庭方は、身分は低いですが、藩主にとっては
手足のようなものです。🐦🌹🥥🍊🌵

西郷は月照と鹿児島湾に身を投げますが、西郷は一命をとりとめ
奄美大島龍郷に潜伏し、のちに愛加那(とうま)と結婚し二人の子供に
恵まれました。菊次郎と菊草です。🍒🙂🍀🍆🐦

菊次郎は父である隆盛と西南戦争に従軍したことも有り日清戦争後は
台湾で台北県支庁長 宜蘭(イーラン)庁長に就任・帰国後
京都市長をつとめました。☕🥦🦀🌿🙂

宜蘭庁長時代は、人々の生活を楽にしようと、河川工事・道路整備
農地拡大などに努め「宜蘭堤防」を築いたことで、いまでも台湾の
人々に愛されています。🐟🍆🐞🍉🍋

○  菊次郎の子孫西郷隆盛のひ孫西郷隆文さんは、陶芸家で
健在でいらっしゃいます。西郷隆文さんは菊次郎の四男
隆泰の息子にあたります。🦋🥕🌴🌹🥥

 

〇  菊草は四人の子供がいました。夫の誠之助と別居し、菊次郎の
元に身を寄せますが、子供たちの消息は詳しくはわかっていません。
47歳という短い生涯を終えますが、母である愛加那とは別れてから
一度も会ったことはありませんでした。🌽🐟🍉🍊🍒

 

 

 

〇  寅次郎は次男ですが、戸籍上は長男になっています。寅太郎の長男
隆幸と次男の隆輝は、若くして亡くなり三男の吉之助が西郷家を
継ぐことになりました。
政治活動家として第2次佐藤内閣として(1968年~1970年)
法務大臣をつとめますが、多額の債務と汚職で政界を去りました。🐞🍆🌴🦀🥥

 

〇  三男牛次郎は、政治家でもなく軍人でもなkでもなく日本郵船の
社長秘書として企業の道を選び平穏な人生を送りました。🙂🍑🍀🥥🐦
(母糸子の最期を看取りました。)
房子(長女) 隆一(長男) 隆次(次男) 正二(三男)

 

〇  四男の酉三は、結婚せずに30歳の若さで結核になりなくなりました。🍁☕🦀🦋🍊
子孫はいません。

 

 

 

●   今日のおすすめ商品

 美味しい自然薯のカルカンです

 


【 薩摩蒸気屋 】 かるかん饅頭(24個入) 鹿児島 土産 の お菓子

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です