「核ごみ地層処分を考えましょう・・・&弥勒菩薩の伝説」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🏵🌲

今日も明日もパートのお仕事もお休みです。

明日はパソコン個人レッスン教室に予約をしていますので行きます。🏵🌲

自分のブログに短い動画を埋め込みたいのですが、動画のアプリや入力方法もお聞きしてみたいと思います。(#^^#)
年を重ねるごとに教えていただいたことも忘れがちです。(笑う)

パソコンの動画でアプリの探し方、スマホで動画を撮って編集、アップ、公開の仕方なども有りますがうっかり間違って怖い人に引っ掛からないように気を付けなければならないと思います。(#^^#)🏵🌲

アンドロイドスマホでバスに乗り出発(町田バスセンタ)から下車する入りや戸までの入力が出来てしまいました。
薬師台おはなぽっぽクリニックさんに行くことが多いので成瀬コミュニティセンター前から町田バスセンターまでは入力していただいていました。・・・🏵🌲

 

 

 

 

 

 

⇓  下の動画を視聴していただきたく思います。

私達の若い頃、高度成長期で原子力発電所が出来ましたが、何十年もの間には、核のゴミも溜まりますよね。・・・
10年前に地震によって福島第一原発の事故が起こり、核ごみ処分場について議論されるようになりました。

10年前の動画でいたるところで電子力発電の怖さの講演をされていらっしゃる人がいましたが、不安を仰ぐことばかりでなく核ごみ処分なども研究なさり、合わせて講演してして欲しかったなと思います。😥😥😥😥😥

 

 

56億万7千万年後何が起こるのか弥勒菩薩の伝説のリンクも貼らせていただきました。
輪廻転生(人は、何度も生死を繰り返し、新しい生命に生まれ変わる)
恵観大阿闍梨様の法話でもよくお聞きしたものです。🙏🙏🙏🙏🙏

 

核ごみを地層処分して無くなるまで10万年はかかる?

弥勒菩薩は将来仏となってこの世に現れて法を説き衆生を救う。(今は兜率天で修行中思念中であるとされているそうです。)🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

私達は亡くなって終わりではないのですから核ごみ処分場についても皆で考えるべきです。💜💙💜💙💜💙

地層処分場を決めながら将来原子力発電が無くてもいい電力を研究していくことではないでしょうか・・・🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

💮🏵💮🏵💮🏵💮🏵💮🏵💮🏵

 

 

 

専門家に聞く~東洋大学 井上武史先生~地層処分事業が地域に受け入れられるためのポイントとは

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山に戦国武将の墓があるのはなぜ?理由と武将一覧・弥勒菩薩の伝説も紹介のリンクを貼らせていただきました。💜💙💜💙💜💙

 

 

 

 

 

 

高野山に戦国武将の墓があるのはなぜ?理由と武将一覧・弥勒菩薩の伝説も紹介

 

 

https://intojapanwaraku.com/culture/103491/

 

 

 

56億7千万年後にビッグイベントが起こる!? 弥勒菩薩の伝説

 

 

弘法大師が即身仏となって待つ弥勒菩薩は、京都の広隆寺で国宝に指定されている「考える人」のポーズをしたあの仏様のことです。この弥勒菩薩にはとある予言が古くから伝わっています。🏵🌲

仏陀が入滅されたのち、将来仏となってこの世にあらわれて法を説き、衆生を救う約束がなされているのが弥勒菩薩で、すでに将来仏となることが約束されていますので、菩薩ではなく「弥勒仏」ともいわれます。ただいま兜率天(とそつてん)において修行、思念中であるとされています。🏵🌲
しかし、その弥勒菩薩、弥勒さまが救世仏(きゅうせいぶつ)として兜率天からこの世に出現するのは、釈迦の入滅後の56億7千万年後であるとされています。残念ながら現在の我々では遭うことがかないません。
高野山霊宝館HPより🏵🌲

 
仏陀は悟りを開いた者のことですが、菩薩は悟りを求めながら人々をも救おうとする者です。弥勒菩薩は、釈迦(しゃか)が滅した56億7千万年後に仏となりこの世に現れ、釈迦の教えで救われなかった人々を救済すると伝わっています。この56億7千万年というのは、地球を含む太陽系が消滅する余命とほぼ一致しているそうです。少なくとも弘法大師が入定した時代には56億~という話があったわけですから、宇宙科学が発達していない時代にどこからそんな知識を?と、ちょっとぞっとする話ですよね。🏵🌲
現在弥勒菩薩は須弥山(しゅみせん)の上空の兜率天(とそつてん)という天界で修業中で、通常の人間は救世仏として現れる弥勒仏を56億7千万年もの年月を到底待つことはできません。弘法大師は入定に際し、「われ、閉目ののちは兜率天に往生し、弥勒慈尊の御前に仕え、五十億余年ののち、必す慈尊とともに下生せん」と弟子たちに遺言されたと伝わっています。弥勒菩薩が現れた時に三度にわたって説法をするのですが、その一カ所が高野山だと言われています。🏵🌲

つまり戦国武将たちは56億7千万年後のこの日のために、弘法大師御廟前の参道で席取りに励まれているのです。こればかりは小姓に並ばせるわけにもいかず、魔王・信長も自ら並んでおられます。🏵🌲

 

 

 

 

 

2020年7月5日に写した写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です