「江ノ島大師さん&江ノ島観光&江ノ島の夕日&南大隅町大浜実家の空撮りのお話」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🌻💮

パートのお仕事も無事に終わり、帰りは横浜線成瀬駅前のスーパーでお買い物を済ませて帰り着いたのは午後2時20分くらいでした。🌻💮

 

先日南大隅町辺塚に移住されたばかりの方がドローン操縦の資格をお持ちなので、故郷大浜の実家周辺を空撮りして送っていただきました。🌻💮

先日パソコン教室の先生に届いた画像を受け取り保存するまでおしえていただきましたが覚えが悪いものですから順番を書いていただき助かりました。(大変ご迷惑もおかけいたしました苦笑い)

上手く空撮りされ土砂災害が起きたり、もう60年以上も離れていると地形も変わったりしていましたが、大体の場所も分かり両親が田植えやサツマイモを植え、おコメ作り、していましたので春先にはレンゲソウの花も咲き寝転がって遊んでいたものです。


蝶々も飛んでいて
土砂災害が無い頃田畑の脇に格好の良い大きな岩が沢山ありその岩の上につつじが咲き綺麗なものでした。
画像を見ながら両親が一生懸命に田畑を耕していた頃が懐かしく思いました。🌻💮

 


空撮りして下さいました方に有難うございます。
編集でき、このページに載せた時にはご覧下さい。(#^^#)💜💙💜💙💜💙

 

 

 

 

江ノ島大師さんの棟がですがYouTubeでご視聴くださいませ。💜💙💜💙💜💙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江ノ島観光はこのコースで決まり!江の島のおすすめスポット20選のリンクを貼らせていただきました。💜💙💜💙💜💙

 

 

 

 

 

江ノ島観光はこのコースで決まり!江の島のおすすめスポット20選

 

 

 

https://tabichannel.com/article/266/enoshima

 

 

龍に会える洞窟、岩屋

 

ついに来ました、江ノ島の最奥部にある岩屋洞窟です。

岩屋洞窟は奥行きが152mもある海食洞窟で、富士山の氷穴に通じているという言い伝えがある第1岩屋と、龍神伝説の地といわれる第2岩屋から成っています。🍑🍄

江ノ島信仰の発祥であると信じられている岩屋洞窟では、弘法大師や日蓮上人などが修行をしたという話や、鎌倉幕府将軍の源頼朝が奥州藤原氏の征伐を祈願しに岩屋にやって来たという話もあるほどです。

洞窟の中は外に比べてかなり静かで暗く、初めは少し怖いと感じる方もいるかもしれません。🍑🍄

ただ、ろうそくで照らされた洞窟内を歩いているうちにすぐ恐怖は消え、神秘的な世界に魅了されること間違いなし。

洞窟の奥で待っている「龍」に出会えるのもお楽しみに。。。🍑🍄

実は筆者が江ノ島を訪れたのは、ちょうど台風が本州を直撃した次の日でした。

なので海が荒れていたために江ノ島岩屋への通路が封鎖されてしまっていました。残念…..!

こんなこともあるので、江ノ島を訪れる際はぜひ天候に注意してください。🍑🍄

 

 

6mの赤不動明王は大迫力!江の島大師

 

 

寺院というと建物にも歴史があるというイメージがあるかもしれませんが、江の島大師は平成に入って建立された寺院です。🙏🙏🙏

昔は江の島にも寺院があったのですが、明治時代に入って施行された廃仏毀釈の際にお寺が廃されてしまいました。

江の島大師もその一つであり、平成5(1993)年に寺院が再建されました。🙏🙏🙏

再建地は昭和39(1964)年に廃業した「江の島館」の跡地で、 鹿児島 にある最福寺の別館として建てられます。

敷地内に入るとまず目に入る、真っ赤な不動明王。       ⇑  鹿児島観光有ります。

平成に入って建立されたということもあり、新しい雰囲気も感じることができます。

不動明王の大きさは、なんと6m!真っ赤な色も目を引き、迫力満点ですね。🙏🙏🙏

参拝は自由となっていて、大師敷地内はとても静かです。

観光客などでにぎやかな場所も良いですが、静かに厳かにお参りがしたいという方におすすめの神社です。

 

 

 

 

 

江ノ島観光の動画を埋め込みさせていただきました。💜💙💜💙💜💙

 

 

 

 

 

 

 

 

江ノ島の夕日の動画を埋め込みさせていただきました。💜💙💜💙💜💙

 

 

 

 

 

 

 

 

6月25日に写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です