「原発事故10年 福島第一原発 各号機の現状はのリンク&地層処分についての動画」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🏵🍀

昨夜は風が強かったらしくてパート先に向かう途中に道路わきに大きな木の枝がが裂けて落ちていました。
よっぽど強い風だったのかなと思いましたが、枝の付け根の部分も腐っていたようです。🌺🌻

お仕事が終わるころになると先日ヨモギ団子をあげた人から美味しかったと言って下さいました。
鹿児島のヨモギ団子ですけれども故郷は何処ですか?と尋ねると福島、青森、ご夫婦二人の出身地がうかがえました。

なので今日は福島第一原発のリンクを貼ることにいたしました。🦀🌴

今年で10年になったのですね。
4月18日南大隅町の町長選挙に立候補されていました田中馨さんの街頭演説「核ゴミ処分場誘致」や様々取り組みを動画でお聞きしたり、プロフィールも観させていただきました。

それ以来「核ゴミ処分場誘致」について関心を持つようになり動画やリンク先を探して観るようにになったのです。(#^^#)🌵🌾

原子力発電所で働かれる方は危険も伴うと思うと「核ゴミ処分場誘致」は皆で考えて話し合って決まることが望ましいと思います。🌺🌻

 

 

 

 

原発事故10年 福島第一原発 各号機の現状はのリンクを貼らせていただきました。💚💞💚💞💚💞

 

 

 

 

原発事故10年 福島第一原発 各号機の現状は

 

 

https://www3.nhk.or.jp/news/special/nuclear-power-plant_fukushima/feature/article/article_01.html

 

 

水素爆発を免れた2号機。1号機と同様に使用済み燃料プールにはまだ615体の核燃料が残されたままです。💜💢

水素爆発はしなかったため、1号機や3号機のようにがれきの撤去作業は必要ありませんが、燃料プールがある最上階は人が立ち入れないほど放射線量が高いため、遠隔で除染するなどして放射線量を下げる必要があります。

今後は、建屋の最上階の壁に開口部を作り、そこからクレーンなどを入れ、プールから核燃料を取り出していく考えで、2024年度から2026年度の間に開始する計画です。💛💥

デブリの調査は2号機がもっとも進んでいます。

格納容器の底でデブリとみられる堆積物を確認し、おととし2月には、遠隔操作のロボットで小石状の堆積物をつかんだり、動かしたりすることに成功しました。💙❣

このため、国と東京電力はことし(2021年)、まず2号機で、デブリの取り出しを始める計画を示し、イギリスでロボットアームの開発を進めてきました。💖💛

しかし、去年12月、新型コロナウイルスの感染拡大でイギリスでの試験が行えないなど開発が遅れているなどとして、国と東京電力は、少なくとも1年程度、取り出しの開始を遅らせる見通しを明らかにしました。

国と東京電力は遅れを最小限にとどめたいとしていますが、いつデブリの取り出しを始められるかは、見通しが立たない状況です。💛💖

 

 

 

 

 

次世代の方々のために私達皆で理解し早めの「核ゴミ処分場誘致」が決まりますように。

🙏🙏🙏🙏🙏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月26日に写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です