「南大隅町町長立候補者田中馨さんと南大隅町にもスマート農業あれば良い動画」

こんにちは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。

今日は先日予約していました成瀬駅前のきずな鍼灸整骨院さんへいって来ました。
去年開院されたばかりで綺麗です。
関節痛もなく上手く階段の上り下りも出来て有難い事で高齢者ですがこの調子だと故郷で農業も出来るのではないかなと思ってしまいます・・・(笑う)

最近国内でもスマート農業が取り上げられていますが実際に農業を会社にして人を雇われて成功されていらっしゃいますね。(#^^#)

南大隅町でもドローンを操縦できる方がも少ししたら移住されます。
若い方々大いにスマート農業を勉強をされて実践することで南大隅町の自然豊かな場所で成功されると嬉しいですね。

 

 

 

 

株式会社西部開発農産 のリンクを貼らせていただきました。🍊🍓🍊🍓🍊🍓

 

 

 

 

 

 

https://www.seibu-kaihatsu.com/company-profile/business/wheat/

 

 

小麦が育つまで

9月に入ると小麦の種まきが始まります。「えっ、何で大豆の畑の上から小麦の種を播いているの?」と驚かれた人もいるかもしれません。これは立毛間播種(りつもうかんはしゅ)と言って、収穫前の作物条間に次の作物を播種し、間作をすることによって弊社の場合、三年四作あるいは二年三作(大豆ー小麦ー蕎麦)が可能になる方式なのです。💜💢

例として図に示すのは、北東北における大豆-小麦の立毛間播種栽培の概念図です(農研機構ホームページからの引用)。大豆収穫の約1か月前に畝間へ小麦を播種することにより、二毛作が可能となります。現在、わが国の農産物に対しては、生産コストの大幅な引き下げが求められていますが、土地の生産性を上げれば、その分生産コストを引き下げることができます。立毛間播種は、作付け回数を多くする(二毛作)だけでなく、播種の前工程である耕起や整地砕土を省くことができるので生産コストを抑えることができるのです。💗💥

また、大豆の葉が地面に落ちていくことにより、これが覆土(ふくど)の代わりにもなります。種には嫌光性といって、明るいところよりも薄暗い環境のほうが発芽に適しているものが多く、雨や灌水などで種が流れてしまうのを防いだり、小鳥や虫、ナメクジなどによる食害を防ぐといった覆土の効果があります。良いところづくしですね!💚💞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月18日南大隅町では町長と町議会議員の選挙です。
南大隅町を変えて発展させていただきたいです。💚💥💚💥💚💥

 

 

 

 

 

下の動画を最後まで観ていただきますことで理解が出来ます。💚💥💚💥💚💥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月9日に写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です