「新しい時代を切り開いた西郷隆盛と大久保利通リンク・鈴木亮平西郷どん動画」

こんにちは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍱🍵

今日じゅん散歩を観て10時半に自宅を出てシルバー人材センターまで就業報告書を出してきました。
歩いたり電車に乗ったりお買い物したりしますが、やっぱりマスク着用しない人がいると嫌ですね。
昨日も日曜日なのに郵便局の狭いATMでお金の引き出しをしましたが、私の前の人がマスク着用なしの人でした。

外に出て手や服に消毒液をかけましたです。🍕☕
テレビではマスク着用した人しない人のトラブルや、お医者様に注意されて逆上するような人もいましたが医療従事者の方々に感染させてはいけませんです・・・。

午後4チャンネルで宮根さん主演の番組を観ていましたが東京都の2月1日の感染者数が393人でしたね。
からと言って油断しては又増加してしまいますので頑張りたいものです。🍑🍓
緊急事態宣言も3月7日まで延長されると思いますが、町の中でインタビュゥーを受けている人も良い応答をされていらっしゃいました。(#^^#)🍇🍍

 

 

 

 

明治維新は鹿児島から始まった!? 新しい時代を切り開いた西郷隆盛と大久保利通のリンクを貼らせていただきました。💥❣💥❣💥❣

 

 

 

明治維新は鹿児島から始まった!? 新しい時代を切り開いた西郷隆盛と大久保利通

 

 

https://www.kagoshima-yokanavi.jp/article/meijiishin

 

 

新しい近代国家の成立に最も功績のあった1人と考えられるのが西郷隆盛です。西郷は1827(文政10)年に薩摩藩の下級武士の長男として生まれました。薩摩藩には「郷中(ごじゅう)教育」といって、地域の武士の子を集めて厳しくしつけ育てる自治組織があり、西郷も子どもの頃からそこで学びます。大久保利通も同じ郷中仲間で、幼い頃からの友達でした。💛💥

西郷は28歳の時に薩摩藩主・島津斉彬に見出されて側近に取り立てられると、斉彬の命令で、江戸や京都などで幕府の重役や全国の有力大名、側近などと会って人脈を広げるとともに、今後の国のあり方について深く考えるようになりました。💚❣

1864(元治元)年、薩摩藩の軍隊指揮官に任命された西郷は、大久保とともに藩を倒幕勢力の急先鋒へと導いていきます。そこで大きな役割を果たしたのが、土佐藩出身の坂本龍馬でした。龍馬の仲介によって、1866(慶応2)年に西郷は薩摩藩と対立していた長州藩の木戸孝允と話し合い「薩長同盟」を結ぶと、倒幕運動を加速させていきます。💝💢

西郷と大久保は公家の岩倉具視とも協力し、朝廷から討幕の密勅を引き出そうと画策。しかし、幕府側は1867(慶応3)年10月に15代将軍となった徳川慶喜が「大政奉還」を行って、政権を朝廷に返すことで倒幕を無意味なものにしようとしました。そこで、西郷と大久保は同年12月に岩倉と結んで朝廷に「王政復古」の大号令を出させて、武力で一気に幕府を倒そうと動き出したのです。💞💜

 

近代化をいち早く推進した薩摩の名君・島津斉彬

身分が低かった西郷を側近として登用し、活躍の場を与えた島津斉彬は、1809(文化6)年に島津家27代目当主・島津斉興の長男として江戸で生まれました。🐞🏵

斉彬は幼い頃から外国の文化に強い関心を持ち、1851(嘉永4)年に薩摩藩主に就任すると、日本を外国に負けない強くて豊かな国にする必要があると考え、鉄製大砲を製造するための反射炉を築かせ、蒸気船やガス灯、薩摩切子などを製造する「集成館事業」を起こし、藩の近代化を推し進めました。🌻🌹

13代将軍・徳川家定の継嗣問題では、次期将軍に一橋慶喜を推して徳川慶福を推す幕府の大老・井伊直弼と対立しましたが、その最中の1858(安政5)年に急逝。斉彬が夢見た新しい近代国家を作るという夢は、西郷をはじめとする薩摩の若者たちに引き継がれたのです。🌺🌴

 

 

 

 

2018年鈴木亮平さん主演のNHK大河ドラマ西郷どん懐かしく手動画を埋め込みさせていただきました。(#^^#)🍊🍄🍊🍄🍊🍄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月1日に写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です