「薩摩藩主の初代創設者島津忠久さん・箱根観光スポット40選リンク」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。💝💢

コロナ拡大する毎日ですが、1月8日一都三県(神奈川、埼玉、千葉、)緊急事態宣言が発令なされました。
テレビを観ていると皆が頑張れば減少して収まる方向へ向かうようですから、行きたい所へも行かず、会いたい人にも会えずですが頑張りたいと思います。(#^^#)🌻🌳

マスクの着用は感染予防につながりますからマスクを着用いたしましょう・・・
時々マスク着用していない人を見かけます。(自宅でもマスクをしています。)🍇🍍

 

2月下旬になるとワクチン投与も始まるかと思います。☕🍵

今年は牛年で猫ちゃんは幸運を運ぶとかお聞きしますので、コロナが収まりますように🙏🙏🙏
その上で世界が争うことなく平和な日常がおとずれますように🙏🙏🙏

 

 

 

 

アニメーションはお借りいたしました。

 

薩摩藩の初代創設者「島津忠久」ゆかりの地をめぐる旅のリンクを貼らせていただきました。🍊🍄🍊🍄🍊🍄

 

 

南大隅町に諏訪神社が有ります。歴史をたどると「島津忠久」さんにも繋がりもあるかと思います。

 

 

 

 

薩摩藩の初代創設者「島津忠久」ゆかりの地をめぐる旅

 

 

https://www.histrip.jp/170916kagoshima-4/

 

 

島津家の誕生は源平の頃から始まります。頼朝の寵愛(ちょうあい)を受けていた丹後局が子供を身ごもり、これを知った頼朝の正室北条政子に妬まれました。そのため鎌倉を逃れ、大阪府の住吉大社につき、忠久を産みました。住吉大社の境内には忠久誕生石が、島津家における稲荷信仰や雨を瑞兆とする慣わしはこの故事に由来するものであるとされています。🌹🌻

その後、元旦参拝のため住吉大社を訪れた摂政(せっしょう)近衛基通(このえもとみち)に救われます。丹後局は、近衛基通の家来・惟宗広言(ひろこと)のもとに嫁ぎ、忠久も惟宗を名乗ることになりました。
頼朝は忠久誕生の知らせを受け「三郎」の名を与えました。1185年に頼朝と初めて対面し、頼朝の家臣畠山重忠(しげただ)の一字を得て「忠久」と名乗る事になり、その後九州をおさめるようになりました。🐝💮

 

 

 

 

 

 

箱根の観光スポット40選! 定番から穴場、日帰り温泉などをご紹介のリンクを貼らせていただきました。🍱🍲🍱🍲🍱🍲

 

 

 

 

 

箱根の観光スポット40選! 定番から穴場、日帰り温泉などをご紹介

 

 

https://www.tabirai.net/sightseeing/article/hakone-kanko/

 

 

大涌谷(おおわくだに)は、約3000年前に起きた箱根火山の水蒸気爆発によってできた爆裂跡。標高1000メートルと高地にあり、現在でも白い噴煙に硫黄のにおいが立ち込め、地球のエネルギーを感じられます。名物は「黒たまご」。温泉で卵をゆでると、硫化水素に卵の殻が反応して黒くなり、「ひとつ食べると7年寿命が延びる」という言い伝えも。大涌谷の源泉は温泉水と火山ガスから造成しており、箱根ロープウェイからその様子を見ることができます。※2018年7月現在、周辺の自然研究路などは立ち入り禁止🐞🏵

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です