「日本コロナの真実とは?の動画・スマート農業のリンク」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍊🍄

パートのお仕事も今日までお休みでした。

なので朝からゆっくりしながら何かしら良い情報はないものかと検索して、コロナの真実とはの動画が見つかり埋め込みいたしましたので新コロナについて正しく理解できると思います。🍱🍜

フェイスブックのコメントも上手くできなくて悩みますが、退会しないで当分このまま続け行こうと思っております。

スマート農業のことはテレビで観ましたが人手不足にはいいかもしれませんですね・・・!☕🍵

 

 

 

 

 

 

 

 

近年注目のスマート農業!ロボットは農業にどう活用できる?のリンクを貼らせていただきました。🍑🌽🍑🌽🍑🌽

 

 

 

 

 

近年注目のスマート農業!ロボットは農業にどう活用できる?

 

 

https://minorasu.basf.co.jp/80017

 

 

作業負担の軽減

 

ロボットの導入による一番のメリットは作業負担の軽減です。

例えば、除草や作物の収穫・箱詰めなどは、重労働でありながら見極めや力加減が難しく、機械化が進みにくい作業でした。しかし、そのような作業でもロボットによるサポートや代行が可能になりつつあります。🦀🌷

具体的には、通常であれば中腰の体勢で腕を上げたままの作業を強いられる収穫作業や、作物が入っている籠や資材の上げ下ろしなどの動作をサポートし、体の負担を大きく軽減してくれるパワーアシストスーツがあります。このパワーアシストスーツを導入したスイカ農家が、長時間作業による腰痛の軽減や残業時間の減少といった効果があった事例が報告されています。🐞🏵

効率化・省力化の実現

 

農業へのロボット導入は作業の効率化・省力化を実現します。

例えば、プロファームコントローラーは、農業用ハウス内の二酸化炭素濃度や温度、湿度、風といった環境条件を制御する装置です。ミニトマトを養液栽培する農家がこのプロファームコントローラーを導入した事例では、環境機器の調整やハウスの開閉などにかかる時間を50〜65%程度削減できたと報告されています。💙❣

また、スマート農業の代表的な技術でもあるドローンを利用した農薬散布や施肥、播種、受粉などの作業でも、省力化を実現しています。💜💢

特にドローンは垂直移動やホバリングが可能で小回りが利くので、これまで機械化を進めにくかった中山間地の狭い農地でも能力を発揮できるのがメリットです。実際に、農薬散布用ドローン2機を導入した農家の防除作業時間が半分以下になった事例があります。💝💥

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です