「恵観大阿闍梨様護摩行・新型コロナ変異種リンク」

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。💮🌱

今日はパートに行く日でしたので行き帰りに横浜線成瀬駅前のスーパーでお買い物をすませて帰りました。
明日までお仕事で新しく働くようになった人にもい一度モップや雑巾をの使い方、手順をワードで入力し印刷しましたので渡して今度こそ覚えてもらいたいと思います。🦀🌳

企業はお金を払ってシルバー人材センターに委託してそのうえで私達にお仕事をさせていただいているわけですからそれなりのお仕事をするべきかと思って居ります。(#^^#)

 

晩御飯の後少しパソコンをやって12月分の自治会費をもっていってきました。💮🌹
まだまだ2021年3月までわ班長として気を緩めるわけにはいきませんです。(笑う)
右の耳が聞こえづらいことも有るでしょうが、前班長さんにお聞きしたことと自治会でお聞きすることと異なる場合があり戸惑う事が有ります・・・🍑🍄

 

 

 

 

 

 

広島・会沢、金本も新井も超えた!護摩行で絶叫90分、池口大僧正も太鼓判のリンクを貼らせていただきました。🍊🍏🍊🍏🍊🍏

 

 

広島・会沢、金本も新井も超えた!護摩行で絶叫90分、池口大僧正も太鼓判

 

 

https://www.sanspo.com/baseball/news/20200110/car20011005030001-n1.html

 

 

 広島・会沢翼捕手(31)が9日、鹿児島市の最福寺で4年連続4度目の護摩行(ごまぎょう)に臨んだ。高さ3メートルの火柱の前で1時間30分、お経を絶叫。高野山別格本山清浄心院・池口恵観大僧正(83)は、過去に同じ行に励んだ金本知憲氏(51)=前阪神監督=や新井貴浩氏(42)=元広島=との比較を求められると「気は超えている」と太鼓判を押した。💥💛

 市街地から車で約30分の鹿児島湾に面した平川町に位置する最福寺。その敷地奥、煤(すす)で黒くなった護摩堂内で、会沢が4年連続4度目となる炎の行に励んだ。💚💢

 

 

 

 

 

新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由のリンクを貼らせていただきました。🍱🍳🍱🍳🍱🍳

 

 

新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由

 

 

https://www.technologyreview.jp/s/229476/dont-panic-about-the-latest-coronavirus-mutations-say-drug-companies/

 

ポッドキャスト「今週のウイルス学(This Week in Virology)」のホスト役の1人であるウイルス学者のアラン・ダブ博士は、12月20日に放送されたエピソードの中で「この変異種が感染力を高める可能性があるでしょうか? 感染が拡大するでしょうか? もちろん、何でも起こる可能性があります」と語った。ダブ博士は、英国の変異種がたまたま特定の地域で優位に立ったと考える方が納得がいくと述べている。🐞🏵

「誰から誰に感染し、特定のどのウイルスの感染が最も広まったのかという問題です。それは運次第です。そのウイルスの感染力が強いという意味ではありません」。💮🌻

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です