「島原観光スポット・新型コロナ民間救急無症状やの行接触者の移動手段」

こんにちは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🍱🍨

 

パートのお仕事がお休みなものですから朝からゆっくり過ごしております。
炬燵に入りテレビを観ながら様々な方々を思い出し今どうしていらっしゃるだろうかお元気かしらと・・・☕🍰

今年も残り少なくなり新型コロナウイルスの感染者も増加していつ収まるか分からないままの年越しとなりますが来年には早い時期にワクチン接種が可能になりますようにと思っています。🍍🍎

 

 

今日は父と祖母の生まれた島原の観光と新型コロナウイルスのリンクを貼らせていただきました。

 

 

 

 

島原 観光 おすすめスポット20選! 自然・温泉・歴史・グルメまで大満足コース

 

 

https://www.asoview.com/note/2641/

 

 

 

島原の歴史や文化にふれるスポット 

 

島原の市街地を歩くと、歴史ある街並みが大切に保存されていることに気づくでしょう。市街のそこここに古い建物が残り、道の脇には清涼な湧水の流れる街が島原です。街の象徴として長い間役割を果たしてきた島原城や、城に仕えた武士たちの武家屋敷など、島原の歴史を尋ねる散歩をしてみませんか。歩き疲れたら、歴史ある建物を改装したカフェや喫茶店で一休みを。城下町ならではの楽しみ方を紹介します。💞💙

 

島原城 

 

 海岸からほど近く、島原駅からも徒歩でアクセスしやすい島原城。高台に立っているため、天守閣からは島原の街並みや海だけでなく、雲仙岳や有明海の向こうに広がる熊本の風景まで望むことができます。
 お堀の位置から見上げると、島原城は高い石垣が印象的です。加えて白壁の天守閣は青空によく映えます。建物はすべて昭和に入ってからの再建ですが、城下から見上げる佇まいには往年の姿が忍ばれます。💢💜

 

 

島原武家屋敷

 

島原城の城下町には、武士が集まって住む地域がありました。その様子を街並みごと保存しているのが「島原武家屋敷」です。全長400メートル超の一帯は道の中央に湧水が流れ、両脇に石垣と木造の建物が並びます。そのさまは、まるで映画のセットに迷い込んでしまったかのようです。🐞🏵

武家屋敷では3箇所の建物が一般公開されています。家屋内には家具や調理器具なども展示されており、武家の生活を知ることができます。武家屋敷は建物も含めて無料で見学可能です。🌷🌻

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナで民間救急「今が限界」…無症状や濃厚接触者の移動手段、搬送数は倍増

 

https://www.tokyo-np.co.jp/article/75094

 

 

依頼が殺到「今が限界」

 

 

 「11月に入ってからひっきりなしに電話がある。コロナ患者の搬送は準備や消毒などの手間がかかる。今が限界だ」。感染者の搬送を手掛ける「民間救急 フィール」(東京都日野市)代表の斉藤学さん(37)はそう話す。🍑🌽
 軽症や無症状者を療養先のホテルや病院へ、濃厚接触者をPCR検査のために病院へ搬送する。保健所からの依頼が8~9割を占める。1件当たりの費用は約10万円だが、個人や企業からも依頼がある。
 最近は軽症者が入院を希望しても、宿泊療養に回されることも増えている。ホテルへ搬送した軽症者が、その日のうちに症状が悪化して病院に再搬送するようなケースもある。🍄🍏
Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です