「南大隅町のリンク・主人の怒鳴り声に体が震え胃がキューンと痛みます。」

今日は・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。💮🌻

今日の早い朝は寒かったです。

9時に整骨院に行き施術していただきました。

毎日ストレッチしているために骨盤も関節も調子いいのですが、良くなるとつい怠けてしまいます。
若い時の状態に戻るのは困難ですが、良くなりました今を現状維持したいと思っております。🐞🏵

お陰様でシルバー人材センターさんに登録してから一日二時間働かせていただいて居ります。
二人で週二~三回なのですが一人辞められましたので用事のない限りは人が入るまでは頑張るつもりです。

お仕事は疲れませんが、自宅にいると、主人も身体障害者で、三男も軽い知的障害があり最近又主人と三男がもめて主人の怒鳴り声に体が震えて胃がキューンと痛くなってしまいますのでこれでは私の方が持ちません。😖😖😖

 

 

家庭内でもコロナ感染拡大にならないように主人に様々言っても分かってくれません。

私も時には高齢ですから自宅でゆったりジーッとしたい時もあるものですが、何かいい方法がないものかと考えることが多いです。。💜💖

愚痴は言っていけないと思いながらも事情が事情なものですからついつい言ってしまうことに自分が嫌になることさえあります。(苦笑い)

 

 

 

 

なぜ、農業IoTのデータ活用は上手くいかなかったのか? | 鹿児島県南大隅町e-kakashi導入事例のリンクを貼らせていただきました。

 

 

 

 

なぜ、農業IoTのデータ活用は上手くいかなかったのか? | 鹿児島県南大隅町e-kakashi導入事例

 

 

https://www.softbank.jp/biz/future_stride/entry/technology/20200413/

 

鹿児島県は全国4位の生産量(2018年)を誇るピーマンの産地。南大隅町でも、高温を好むピーマンの栽培が盛んだ。海沿いの景色や温暖な気候に誘われ、南大隅町では東京や横浜、大阪といった都市部からのIターンによる新規就農者が徐々に増えているという。💝💥

高校卒業後、間もなく長崎県佐世保市から移住した松元真也さんは新規就農から4年目。普通高校のデザイン科出身で、農業を学校で学んだ経験がないため、自らの12a(1,200㎡)のビニールハウスの手入れをしながら、先輩就農者の下に頻繁に出向き、指導を仰いでいる。南大隅町の生産者の中でも熟練したベテランと若手では収穫量に違いがあるという。💙❣

 

 

 

 

 

11月14日(土)に写しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です