「指宿で日本初のハーブ農園 」 大島産ネックレス

     指宿観光

 

開聞岳です。

 

開聞山麓香料園

 

1942年誕生しました。
昭和のはじめ それまで輸入に頼っていた香料が戦争の影響で
輸入が難しくなり、増田政治氏が様々な香料植物の試験栽培を始めたのです。

創始者の宮崎巌が珍しいい植物を増やし育てながら管理の仕事しているうちに

バラのような香りを持つ「ローズ・ゼラニューム」が有り、増田氏にすすめると
大変気に入り、ローズ・ゼラニュームの栽培にのりだし
昭和16年 栽培適地を探すため現地調査がはじまりました。🍅🌳🌻🥕🐠🍆

 

ローズ・ゼラニュームは温暖な地を好むので薩摩半島の最南端開門山麓が栽培地
に敵しているため増香料鹿児島農場工場としてローズ・ゼラニュームを増産しました。

開聞岳南斜面は、広大なローズ・ゼラニューム畑ができて昭和18年日本で初めて
ローズ・ゼラニュームの精油の抽出成功して18キログラムの量になったようです。

戦争によりローズ・ゼラニューム畑も芋畑に変わり、巌も戦地に行きましたが
夫人が親株を守り続け、戦後すぐ増産をスタートさせ、レモングラス・パチェリー

他試験栽培がおこなわれ、熱帯地域さんの植物を、八丈島へ移植されてましたが
台風の影響せ損害がひどくて瀬戸内に移されました。

昭和22年台湾で栽培していたものを開門へ移し増産が始まったのです。
開門産の精油は、品質が良く海外(主にヨーロッパ)にも輸出されるように
なっていました。

開聞町だけでなく指宿・喜入・頴娃・枕崎などに栽培地が増えて
最盛期には、年間3トンのオイルが抽出できていたようです。🍆🍋🍀🐼🦀🍉🥒🐟🥦🍀

 

 

順調と思われていた国産天然香料も輸入自由化により安価な輸入品や
合成香料に押されて国産精油は、需要が激滅し40年代後半、生産農場
は、ほとんど閉鎖に追い込まれました。

増田香料も開聞から撤退、残されたハーブも巌個人が引き継いで
開聞山麓香料園として再出発しました。🙂🐞🌿🙂🍇

 

 

精油抽出のハーブから食材ハーブとして栽培品種へと変わり

開聞山蠟香料園からローズマリーやタイム・ディルなどが築地市場へ送られています。
香料用として作られたレモングラスなどは、お茶として飲まれるようになりました。

平成に入ってからヨーロッパで盛んなアロマセラピー(芳香療法)も日本でも紹介され
るようになり、植物精油を心身の健康に利用する女性中心にひろがっています。

天然香料の需要が多くなり、開聞山麓香料園も精油の抽出がさいかいされるように
なっています。🌻🍅🌵🐳🥥

 

住所   鹿児島県指宿市開聞川尻6229

9時 ~17時    火曜日 定休日

電話   0993-32-3321

 

 

◎   ホームページを引用した部分も有ります

◎   パソコンをもっと勉強したい方や困っていらっしゃる方
    お勧めのパソコン教室です。
    横浜線成瀬駅から近いノコテップ・ラボの
    ホームページをごらんになると説明があります。
    先生は、生徒さんに覚えていただくために、必死で
    教えてくださる信頼のある先生です。
    私のお気に入りにも表示して有りますので、ぜひご相談なさって
    見てください。受講中も大変楽しいですよ・・・🙂🍋🌱🦋🌴🍅🥕

 

 

 

今日の商品

 

奄美大島さんのマべパールオメガネックレスで
有名百貨店人気の商品で国内宝飾職人さんが制作
制作されたものです


[Gem Crown] 奄美大島産 マベパール オメガ ネックレス 有名百貨店人気商品 国内宝飾職人製作 [保証書付] 6月 誕生石 真珠 シルバー SV 925 アメシスト ペリドット ガーネット マベ パール ペンダント

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です