「生老病死とは|お釈迦様が説く意味」(私事でごめんなさい)

こんにちは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街で過ごしています大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。🐞🏵

今日も寒い日になりました。
9時に整骨院の予約をしていましたので行って帰りは、写真を写したり、買い物も済ませました。

パソコン作業をしたりテレビを見たりしながら過ごしています。
今日は、棟の排水管の清掃があるため外出はできません。
来週土曜日は、町田のもっこく館に行き、皆様とお会いできると思います。🌷🌲

私事ですが、パソコンの副業サイトに登録しても大元の広告が出て、結局登録者の収入どころか大元の収入になってしまうような気がしてなりません。
これって悪い言葉で言うとバカバカしですよね・・・

メルマガの登録も最初は無料と出てきますが、続けていくうちにいくらかのお金を投資しなければ前に進めない、又困ったらいくらかのお金を出さなければ取り扱ってもらえないなどありました。
私はお金をつぎ込んでも収益まで出せる能力など爪の垢ほどもありませんのでこの類の副業は無理です。🌱🌻

 

生老病死について考えるようになりますた。
皆様もご存じと思いますが、リンクを貼らせていただきました。

病気の苦しみまでしてきて、ただいま死の苦しみがはじまったようですよー!(大笑い)
このリンクをご覧になると人生は思い通りにならないことがお分かりになるかもしれません。🌱🌸

 

 

 

生老病死とは|お釈迦様が説く意味・仏教の四苦八苦の教えについての引用とリンクを貼らせていただきました。🌴🌺

 

生老病死とは|お釈迦様が説く意味・
仏教の四苦八苦の教えについて  ホームページ引用

 

 

https://shinto-bukkyo.net/bukkyo/%E4%BB%8F%E6%95%99%E3%81%AE%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%83%BB%E4%BD%9C%E6%B3%95/%E7%94%9F%E8%80%81%E7%97%85%E6%AD%BB/

 

 

生老病死の意味(お釈迦様の見解)

生老病死の意味は、先ほど見た通り、生苦(しょうく)、老苦(ろうく)、病苦(びょうく)、死苦(しく)の4つの苦しみのことです。

生老病死の苦しみを含み、仏教の苦しみと言うのは「思い通りにならないこと」「自由でない境地にいること」を意味します。🐛🌹

老いることや、病気にかかる苦しみ、また人はだれでも死ぬという究極的な苦しみは、どれだけ頑張っても今の科学では乗り越えられない、「思い通りにならない」ことの代表ともいえます。

老化防止、病気の予防などなどどれだけ徹底しても、老病死を避けることはできません。そして、自分が醜くなること、病気で苦しむこと、死が迫ることに対する苦しみにどんな人も少なからず苦しむのではないでしょうか。

では「生きる苦しみ」とはどういう意味なのかについて詳しく見ていきます。🌲💮

 

 

 

令和2年1月25日に写しました。

 

今の季節水仙の花が綺麗ですね・・・

 

 

 

 

つわぶきももう少しすれば新しいつわぶきだ出てきます。
南大隅町ではよく食べますよー!

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です