「熱帯魚とたわむれ南大隅町で暮らす&健康的な暮らし」

こんにちは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の背全豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきましてありがとうございます。👘👟

今日は寒い日になりました。・・・
昨日はパソコン作業でこれからデザインして商品の作成をしようと開けてびっくりしましたが、今日は通常に戻り安心しております。👢💜

でも9時からメンテナンス中とあり度々見ても回復していなくてやっと午後5時前に復旧して、アカウントを削除したつもりでしたがまだ残っていました。
なるほどと思いました。💦💥

 

 

 

集合う住宅に入居してから10年くらいになります。
入居当時は内装も綺麗でしたが年数が経つとあちこち痛んだり玄関や浴室、トイレ、エアコンのある場所にはカビが
生えやすいようです。🍄🍍

カビの生えないようにしっかり作られた棟もあるようです。
このカビに悩まされます。(苦笑い)

 

 

 

4人家族で汚れやすいのもそうですが、高齢になってからの高い場所のお掃除は大変です。
昨日隣の人に聞くと水生のペイントのスプレーかローラーを買ってカビのところに塗ると良いよと聞きましたので
年末に息子達にお願いしようと思います。🌷🌳

12月4日定期健診の時に肺に二ミリほどの影があるとのことで4月にもう一度CTをとることになりました。
二年位前にも同じようなことを言われて自分で努力して直しました。

血液検診ではがんの再発も移転もないようなので多分カビのせいではないかと思っています。
自然豊かで空気の綺麗な南大隅町で育ちましたので南大隅町に移住すれば長生きできるかもしれません・・・。🏵🌺

 

 

 

イラストはお借りいたしました。

 

 

 

 

南国の浜で熱帯魚とたわむれる!都会にはない原体験の宝庫・南大隅町で暮らすの引用とホームページのリンクを貼らせていただきましたのでお読みくださいませ。🍃🍆

 

 

南国の浜で熱帯魚とたわむれる!都会にはない原体験の宝庫・
南大隅町で暮らす
 ホームページ引用

 

 

https://cocolococo.jp/8704

 

 

地域とのかかわりを楽しむ

 

少子高齢化が進行し、深刻な課題を抱えるこの町では、新たな福祉のカタチを模索する動きが活発だ。今回募集している「介護福祉課」の地域おこし協力隊員は、陶山さんや社会福祉協議会のメンバーと連携して、高齢者福祉の新しい取り組みを担当することになる。🍅🍃

 

陶山さんに、これから協力隊に応募する方へのメッセージをお願いしたところ、 「地域になじんで顔を知ってもらうのが大事。仕事と生活を分けずにいろんなところに出て活動すると、うまくいくし楽しいんじゃないかと思います」とアドバイスしてくれた。 また移住したら、地域や婦人会などの集まりにも積極的に入った方が良いともいう。
都会では、働く場所と住む場所が別々で、地域コミュニティが希薄であることが多い。都会から来た人にとっては、田舎の濃密なコミュニティは慣れない部分も多いだろう。だが、せっかく田舎に暮らすのであれば、暮らしと仕事が近くにある幸せを感じ、地域コミュニティとの関わりを楽しんでもらいたい。きっと、南大隅町の大自然も見守ってくれるだろう。💮🌴

 

 

 

12月8日写した写真です。

 

新聞化

 

 

ガラススタイル

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です