疲れたの言葉 アスリート アマゾン飲むシリカ

疲れたの言葉

 

昨日、午後の仕事まで勤めて帰り着いたのが、18時前後でした。つい家族に対して「あー疲れた」と言ってしまいました。
疲れた時にどのように対処していけば良いものか、ホームページで調べてみました。

「お疲れの出ませんように」主に目上の人に対して「頑張って下さい」と言う時に使用する言葉となり、ねぎらいを込めた丁
寧な言葉になります。

      「あーつかれた」と言えば  🍅🍇🥦

 

なおさらつかれ、ます。   だるい・疲れた・嫌い・眠い・出来ない・無理ーーーーこのようなマイナス言葉を使っているとその状態に陥ります。  疲れている時に「あー疲れた」と言えばなおさら疲れ、つまらない時に「本当につまらない」と言えばますますつまらなくなるこれが言葉(言霊)です。

逆にプラス言葉を使っていればプラスになると言うことです。「楽しいな」と言い続ければ楽しい状態になります。[幸せだから笑う」のではなく「笑うから幸せなのだ」と同じ効力が発揮されるのです。

       成功者は「マイナスの言葉」を使わない

 

成功しているアスリートはプラス言葉しか使いません。 それも100パーセントです。「できる」としか言いません。「優勝する」「金メダルを取る」「世界記録を作る」です。なぜ1パーセントもマイナス言葉を使わないかと言えば、少しでも口にすればその状態になることを知っているからに他なりません。

我々もここまでいかなくても、無理にプラス言葉を口にするのではなく、マイナス言葉を口にしなければいいのでそうすればネガティブならなくていいのです。🍁🌳🐳🍉🌻

       成功へのエネルギーを作る方法

 

「怒りを味方」につけるためには、出来るだけボジデイブにいるいることが重要だからです。怒りはネガでイブだし、マイナス言葉を使えば怒りが増長し続けます。たとえば、何かをする前にアスリートだったら試合や大会の前日や直前にモチベーションを上げるために、好きな歌を聞いたり好きな本を読んだり、好きなビデオを見たりするのもボジディブになるために非常に有効です。怒りを味方につければ成功への力強いエネルギーになってくれるのは間違いありません。🍇🥦🍁🌴☀

ここまでホームページから引用いたしました。

 

昨日の疲れから

 

     ホームぺージを検索して、アスリートがマイナス言葉を使わない事がよーく分かりました。🐞🐳🌿🥥

 

今日の商品

   霧島天然水飲むシリカ

 

関東地方も梅雨いりしました。むし暑かったのでお茶やミネラル等お飲みになられたと思います。
カルシュームが多く含まれた霧島天然水飲むシリカをお勧めします。

 


霧島天然水のむシリカ【1箱/500ml×24本】 シリカ97mg 藤田紘一郎先生も驚き!ケイ素たっぷりの無添加ミネラルウォーター

アスリート

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です