「北条氏が城主の小田原城」(ビラ配り&ポスティング)

こんばんは・・・鹿児島県南大隅町(旧根占)出身で東京都町田市成瀬の自然豊かな街に住んでいます大園です。
「歌子のコラム」をお読みいただきまして有難うございます。

今日は歯医者さんも整骨院に行く予定がなくて早い時間には、パソコン作業をして10時頃に自宅を出て町田からバスに乗り町田警察署の交通規制課まで行ってまいりました~~。(#^^#)
ビラ配りのことについてご相談したのですがとても良い対応をしていただきました。

ビラ配りする駅前の地図2枚・チラシ2枚それに複写になっている申請書が有り書き方も教えていただきました。
申請書の許可が下りてから2週間出来るそうです。(2名で配ることと一日の時間も時間帯も教えていただきました。)
許可されると2100円が必要です。

一緒に配ってくれそうな人もいないので以前シルバー人材センターで町田の広報を配らせていただいたことが有るので行って相談はしてみました。(担当の人がお休みで明日電話が来ると思います。)
帰ってからホスティングでお願いした方が良いのか様々考えてみましたが良い知恵が浮かびません。

 

 

チラシ

 

ちらし

 

ボランティアで私がやろうとしていることは監督に許しを取ってからのことになるので・・・・
ボランティアをやめてその分少しプロジェクトに追加したいとも思っています。(#^^#)

6月30日投稿致しました記事に山下監督のリンクが有りますのでプロジェクトに多くの方がご協力いただけましたら
有難く思います。
プロジェクトはパソコンをお使いの方には、分かりますがパソコンを使っていらっしゃらない方にお分かりいただけるには
知人友人の方が郵送していただくか飲食店やスーパー・コンビニ・銭湯・他・チラシ配りやホスティングで知ってていただく方法しかないと思います。

ご協力していただけるのでしたらチラシに監督のメールも記載して有ります。🥒🍆⛩

 

 

 

 

今日はNHK大河ドラマなどで小田原城が出てきますので北条氏が城主の小田原城!新オープンのNINJA館や
天守閣などその見どころに迫る の引用とホームページを貼らせていただきました。🥕🌹🍇

 

 

 

北条氏が城主の小田原城!新オープンのNINJA館や
天守閣などその見どころに迫る  ホームページ引用

 

https://tabicoffret.com/article/76550/

 

 

江戸時代には幕府がおかれた東京ですが、近郊を見渡しても、大きな城はあまり多くありません。城を探して都心から西に向かってみると、最初に現れるのが小田原城です。小田原城は戦国時代最後の合戦の舞台となって以来、江戸を守るかなめの城となりました。
今回は東京の歴史に深く関わり、大きな価値をもつ小田原城をご紹介します。🍑🦋🦀

 

1. 小田原城とは? その概要と歴史

 

小田原城は戦国時代に関東一円を支配した、北条氏の城でした。後に北条早雲(ほうじょう そううん)として国内に名をとどろかせた伊勢宗瑞(いせ そうずい)が、15世紀末に支配下においたと伝わっています。早雲に続き、氏綱、氏康、氏政、氏直と、五代約100年にわたり、北条家の拠点となりました。

豊臣秀吉の来攻に備えた戦国時代末期の小田原城。八幡山から相模湾の全長9キロにわたって堀と土塁をめぐらせ、町を守りました。これにはかの豊臣秀吉も攻めあぐね、小田原城は「難攻不落の城」として知られるようになります。小田原市内の各所には、今でも様々な城跡が残っています。🌻🌴🍉

 

城

 

殿

 

 

 

昨日撮影しました写真です。

 

 

花

 

花

 

アジサイ

 

花

 

自然

 

自然

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です